「アリー/スター誕生」〜ガガ泣き(涙)必須・命を賭けた愛の物語〜92/100/12

映画「アリー/スター誕生」を観ました。まさに、ガガ泣き(涙)命を賭けた愛の物語、2人の深く切ない愛に涙が止まらない・・・・。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

映画「アリー/スター誕生」を観ました。

音楽を聴く映画と思っていたところ、

とんでもない、

「命を賭けた愛の物語」でした。

特に終盤、涙が止まらない・・・。

圧巻、ガガ歌が心を動かす

物語全体を貫くのが、主演2人の歌声。

ジャック役のブラッドリー・クーパーも

かなりボイストレーニングや歌のレッスンをしたというだけあり、

大物歌手ぽい歌でグイグイとストーリーを引っ張ってます。

それ以上に圧巻なのが、レディー・ガガ演じるアリーの歌声。

物語が進むにつれ、存在感を増していくアリーですが、

それとともに歌の世界もより深みを増していきます。

ストーリーを引き立てるメロディーと歌詞、

自分が映画の中に取り込まれ、

心をガシガシ揺さぶられ、

気づいたら涙でぐちゃぐちゃになってました。

中でも印象深いのがこの2曲です。

シャロウ:二人の光と闇

ジャックと出会ったアリーが口ずさんでいた歌を、

仕上げて2人の記念すべき曲になった「シャロウ」は、

この映画の主題歌でもあります。

初めは、国民的歌手とウェイトレス、

最後は、落ちぶれた歌手と人気絶頂の歌手、

2人の対比は常に光と闇が漂っていたように感じます。

光が強ければ強いほど、

その陰に生まれる闇は暗く深い。

そのことを印象付けるように、

重要なシーンで歌われていたのもこの歌でした。

アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン:深く切ない愛

この曲は涙なくしては聴けません。

これ以上書くとネタバレになるのでやめておきます。

この映画には、他の追随を許さないほどに

深く切ない愛が描かれていました。

一言で言うと「命を賭けた愛」。

ジャックはジャックなりのやり方で愛を全うし、

アリーもアリーとして愛を貫きます。

お互いの愛が強すぎるばかりに

招いた物語の終わり。

2人の物語を語るには、この曲以外はありえません。

ストーリーを膨らます伏線にも注目!

細かいところに目がいってしまいます。

そして、それらが後から重要な意味を持って蘇ってきます。

そんな伏線を見つけるのも楽しいです。

例えば、

ジャックとボビーとの会話。

罵詈雑言が飛び交うのですが、その底にも愛があります。

不器用な男同士、それはずっと後から明らかになるんですけどね。

登場人物すべてのエピソードが、

物語の重要なシーンに帰結していく、

それに気づくとその味わいがずっとずっと濃く豊かになります。

これからご覧になる方は、

ぜひそんなエピソードにも注目してみてください。

サントラ盤で二度泣きもできます

帰宅してから映画のサイトを見てストーリーやキャラクターのおさらい、

同じように大泣きした人のエピソードを見た後、

サントラ盤をiPhoneにダウンロードしました。

この記事もそれを聴きながら書いています。

曲にまつわる場面のBGMや会話も盛り込まれていて、

それらを思い出しながらうるうるしています。

映画とともにサントラ盤も大ヒットだそうです。

これから映画を観にいく方、

ハンカチ、いやタオルを忘れずにお持ちください。

読んでくださりありがとうございました。

「お知らせ」

1月のユメカキ講座です。

ご参加お待ちしています!!

☆新年の行動計画をユメカキキャンバスで!!

ユメカキ☆NOTE講座フルバージョンat麻布十番

日時:1月6日(日)12:30~17:00

会場:麻布十番駅付近のセミナールーム

https://peatix.com/event/577050/view