本当にそれがしたいのか?:行動できないその理由その2〜頭優位で心と肚を置き去りにしていないだろうか?〜

「本当にそれがしたいのか?」そうしたいと思ったはずなのに、なぜか行動できない・・・。それは頭優位の人にありがちなできごとです。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

「本当にそれがしたいのか?」

そうしたいと思ったはずなのに、なぜか行動できない・・・。

昨日は、そんな現象について、

私の体験とBeing & Doing から考えてみました。

今日は、そのことについて、

頭・心・肚の関係から書いていきます。

行動できない:それは頭優位の人にありがちです

ビリーフリセット・カウンセリング講座で、

3つのセンターについて学びました。

人間には、「頭」「心」「肚」という

3つのセンターがあります。

受容器?受信器?というイメージです。

それぞれが持つ役割は、

頭:思考(分析、方法を担当しています)

心:感情(欲・不欲/快・不快を担当しています)

肚:本能(決断・行動を担当しています)

というものです。

頭で考えるといいますね。

心で感じるといいますね。

肚を決めるといいますね。

そういえばピンときませんか?

欲求を煽るような誘惑が多い情報過多な昨今、

自分では気づかぬうちに、

あれをしなきゃ、これもしなきゃと

行動することが増えているのではと思います。

行動することは素晴らしい、

行動しなければ始まらない、

こういう成果を出さなければ、

と知らず知らずに自分を追い詰めている人も多いと思います。

そういう状況に対応するには、

常に思考を巡らせがちです。

何をしようか?

どうやっていこうか?

行動できないのは、頭ばかりで、心と肚に気づけていないからかも

そればかりを考えて行動に走ると、

心でどう感じるかとか、

肚を決めているのかとか、

そういうものが疎かになってしまいます。

仕方ないですよね、

だって考えなきゃわからないし、

わからなければ動けないし、

動けなければダメになるかも~~って、

見えない恐怖が忍び寄ってくるんですもの。

だから、

感じることも決めることも後回し。

そうすると、心と肚が悲鳴をあげるのです!!

心「もっと感じてよ。苦しくてたまらないよ。」

肚「決めてないのに動けないよ。」

そこで初めて気づくことがあるんです。

「おかしいなあ・・・

なんで行動に移せないんだろう?」

頭(思考)・心(感情)・肚(本能)

これらが統合されることが必要なのです。

ビリーフリセット・カウンセリングのセッションでは、

これを促すワークも行います。

行動できるへ変えるツール:ユメカキキャンバスで統合した思いに気づけます

私は、この統合のことをこうも言えると思っています。

方法や手段(what.how)・理由や思い(why)・価値観やあり方(who.world)

これって実は、ユメカキキャンバスの要素でもあります。

ユメカキキャンバスが強力なのは、

これらを統合した夢の行動計画を描くことができるからなのです。

先日、授業をした学校の先生がこうおっしゃいました。

「これって、心理学が入ってますね~。

だから内側から作用していくんですね~。

すごいですね~。」って。

はい、そうなんですよ。

その人の内側に働きかけ、

内面の思いを自らが気づいて引き出すプロセスを

キャンバスを描くことによって行えるのです。

行動できないときは心と肚の声を知ることも大切

頭・心・肚という

自分のセンターがバラバラだと

いずれは機能不全を起こしてしまいます。

どういう手法を使おうともいいので、

自分自身の頭と心と肚とを統合することを

意識するといいと思います。

今日は、ユメカキキャンバスを描いて

統合した私の夢の行動計画を作ります。

読んでくださりありがとうございました。

お知らせ

☆2月のユメカキ☆NOTE講座

~参加者絶賛募集中!!~

自分の心につながったアクション計画が、夢の実現への力となります。

ユメカキキャンバスでワクワクする明日を描きましょう!

2月17日(日)横浜開催です!(詳細は下記リンクより)

https://yumekaki.jp/event/1036/

☆みこりんチャンネルはこちらからご覧になれます。

若い先生たちに元教員のみこりん先生が語ります!

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw/featured?view_as=subscriber