人間ドックは何のために受ける?

人間ドックでした。

早く行かなきゃ!と年末に予約し、

今日受けてきました。

でも、、、

途中で疑問が湧いてきましたよ。

なんで、これ受けなきゃいけないんだ?

今までは、健診を受けるのも、仕事のようなものでした。

だから、人間ドックで、一気に済ませてしまえ、ということでした。

生活がガラリと変わったのに、健診=人間ドック。

何も考えず、昨年と同じクリニックに電話し、

昨年通りのメニューで予約しました。

健診途中で、

「これは受けなくてもいいように思うのですが、どうしますか?」

とお医者さんからきかれる場面がありました。

そこで私の口から出た言葉、

「受けなくていいんですか?」

お医者さんの話をうかがうと、

なるほど、私は受ける意味ないかも、

と思いました。

一旦そう思うと、

健診メニュー全てを受ける意味が

わからなくなりました。

問診票書きながらも思ったのですが、

ストレスなく、自分のペースで生活できているため、

いまだかつてないくらい、体調がいいのです。

なのに、なんでこんなフルコース受けてるの?私は?

組織人時代の思い込みというか、

習慣の名残というか。。。

思考停止に陥っていたことは事実です。

胃の検査待ちに並びながら、

暇なので瞑想していました。

その時に降ってきた言葉、

「バリウムも、飲んでも飲まなくてもどちらでもいいよー。」

そういうことなんです。

その声を聞いたら、

すーっと気持ちが楽になりました。

「そうだそうだ、イヤなら帰っちゃっていいんだ。」

もう健診は、仕事ではありません。

自分のためのもの、自分の自由な選択で行うものです。

今回、フルコースだったので、

かなりの出費にもなりましたが、

1年間、自分のやりたいを支えてくれた、

身体を労わるイベントと思うことにしました。

来年は、惰性で受けないよう、

ちゃんと情報集めて選びます。

クリニックの方が言うには、

保険証の種類によって、

おすすめのコースがあるんですって!

読んでくださり、ありがとうございました。