お片付け作戦スタート、午後からは歌舞伎座で尾上丑之助襲名にテンション上がった1日

5月の歌舞伎座は、「團菊祭」。7代目尾上菊之助に沸いた夜の部を感激してきた5月9日の日記です。

「今日の1枚」

「COMPARISON」

竹は竹らしく、オークはオークらしく、

違うんだから違っていいんだという教えのこのカード。

私は違うように読み取りました。

つまりは、

私は他と違う、って認識しながら、

歩み寄ることも去ることもせず、

そのまま孤独に突っ立っているということ。

「違うんだから違うように生きればいいのに、

まだ比べたまま止まってるの?」って。

「今日のうさうさ 」

朝ごはんを食べて、ぐるっと家の中を散歩して、

部屋に戻るとしばらく朝のうたた寝タイム。

この日は機嫌よくリラックスした姿で

ゴロゴロしていました。

このお顔も可愛くて好きな顔。

「今日のできごと」

今日こそ朝パックを完璧にこなそう!

って思っていたけど朝寝坊。

スタートは遅かったけど、その後は順調にタスクを終えて、

いよいよお片づけの時間になりました。

毎日1時間片付けると決めたはいいものの、

どこから手をつけようかでしばし呆然。

そうです、私は捨てられない女なんです。

ちょっとした不用品を集めて終了。

ほんのちょっと隙間ができた気がします。

明日もがんばろ~~

午後遅くに銀座へ出発、

三越でお弁当を買ってから歌舞伎座へ向かいました。

5月の歌舞伎座は「團菊祭」でにぎわっています。

特に、夜の部は「七代目尾上菊之助襲名舞台」もあって、

劇場は平日にも関わらず大入りです。

私のお目当ては、

丑之助襲名と菊之助の道成寺でした。

襲名舞台は、華やかで賑々しくてお祝いムードに満ちていました。

尾上菊五郎と中村吉右衛門という大役者の孫とあり、

お二人の目尻が下がりっぱなし。

新しい時代の幕開けに、

めでたい芝居を堪能いたしました。

菊之助の道成寺も美しかった。

お出かけした割には、ちゃんとブログも書き、

自分偉いとちょっと褒める。

ちょっとのんびりしすぎだけど、

こういう日も大事なんです。

「過去の記事から」

2018年5月9日の記事

憧れの方からのメッセージ、

「チャレンジャーであれ!!」。

常に新たな価値を創り続ける人になるんだった。

セカンドライフを動かしたメッセージ~LIFE DESIGN講座の振り返り~【50代からのセカンドキャリア】5-14

https://micorin55.com/archives/4550

2017年5月9日の記事

渡邉康弘さんの読書会でこの本のことを知りました。

「謙虚なコンサルティング」byエドガー・シャイン

コーチングにも通じる内容です。

「謙虚なコンサルティング」byエドガー・H・シャイン(英治出版)~なぜ「謙虚」さが必要なのか?~

日記を書いていると、自分の歩みがわかります。

これが誰かの役にたつかはわかりません、自己満足ですけど。

それでも読んでくださったあなた、ありがとうございます。