天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

子どもの見方〜ありのままに見ること〜

      2017/09/13

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

保護者会などで、

「お子さんのよいところを見つけてくださいね。」

というと、必ず上がる声が、

「いいところなんてわからない。」

というものです。

そういう方は、

困ったところばかりが気になってしまい、

そこだけ目についてしまうので、

いいところに気づくきっかけがないのだと思います。

人間の思い込みってこわいもので、

「◯◯にちがいない!」と思うと、

何でもかんでも◯◯に見えてしまいます。

よく読書会等で、

参加者の方に目をつぶっていただいて、

「この部屋の中に赤いものはいくつありますか?」

と数を尋ねることがあります。

この場合、大体の人が実際にある数よりも少ない数を答えます。

しかし、その後目を開けていただくと、

ぱっと目に入るのは赤いもの・・・。

それを実感していただくためのワークなのです。

ここで気づくのは、

自分の頭の中に何かしら偏った見方(ここではめがねと呼んでおきます)があると、

そのことについては目に入りやすいということです。

だから、「赤」というめがねをかけたとたんに、

目の前に赤いものがたくさん現われてくるのです。

子どもについても同様です。

「この子はいい子」というめがねをかけて見ると、

何を見てもいいことに見えてしまいがちです。

但し、この場合は、悪いことは見たくなくて目をつぶっている時もあるので、

本心では「いい子」とは思っていない場合もあります。

逆に、

「この子は悪い子」というめがねをかけてしまうと、

なにをしても「悪い」行動に見えてしまいます。

「いい」も「悪い」もめがねをかけて見ることでは同じです。

つまり、見る人の偏った見方で見ていることになるのです。

見る人の見方で、自分のことを判断されてはたまりません。

だって、自分にとっては「いい子」「悪い子」なのではなく、

「自分」でしかありえないからです。

ですから、重要なのは、

めがねをかけず、ありのままに見るということなのです。

ありのままに見る、それがその子どもの本来の姿です。

先日、

子どもが思い通りに動かない時に・・という記事で、

「自分の関わり方を変えると相手の行動も変わる」

ということを書きました。

教頭のお仕事〜子どもへの関わり方を変えると子どもも変わるのです〜

見方も同じことが言えます。

子どもをありのままに見ると、本来の姿に気づきやすくなります。

その姿を肯定的にとらえることで、

子どもは、より自分らしさを発揮することができます。

めがねを外してありのままに見る

変えるのは相手ではなくて自分の見方です。

読んでくださりありがとうございました。

*チャレンジ10分ブログ

 - チャレンジ, 教育