セカンドキャリアへのチャレンジは、人生かけた試行錯誤かも。【50代からのセカンドキャリア】6-17

今週の勝間さんのメルマガのテーマが、「試行錯誤」です。その記事を読んで思ったのは、今の私のチャレンジは、人生かけた試行錯誤かもってことです。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

今週の勝間和代さんのメルマガのテーマが、「試行錯誤」です。

その記事を読んで思ったのは、今の私のチャレンジは、

人生かけた試行錯誤かもってことです。

 

なぜ、試行錯誤を躊躇するのか?

特に印象に残ったのは以下の文章です。

なぜ試行錯誤を躊躇してしまうかというと、その試行錯誤によって将来得られる利益がまだ明確に見えていないせいかもしれません。しかし、これは正しく時間割引率の問題ですので、今現在多少の苦労をしたとしても、将来より良い結果が得られるのであれば、とりあえず自分の時間とお金が許す範囲で試行錯誤をするということを習慣化してしまう訳です。

学校教員を退職して、4月からフリーになりました。

セカンドキャリアの構築に向け、毎日が試行錯誤です。

好きなことばっかりやっているので、とっても楽しいのです。

とはいえ、これがどんなキャリアにつながるのか?

って真剣に考えだすと不安になるのも事実です。

現実に、貯金はどんどん減っていくし、

収入は全くないし、

自己満足で終わっちゃうんじゃない?

そのうち、芽が出ず後悔するかも?

なんて悪魔の囁きも聞こえたりして・・・。

 

なぜ試行錯誤を選ぶのか?

だけど、定年まで自由を我慢して働いて、

定年後にあてがわれた再雇用をちょっとして、

そのあとは悠々自適な年金生活・・・

というイメージが私にはどうにも耐え難く思えちゃったんです。

もちろん、それが悪いんではないです。

ただ、もっと違う生き方もしたい!

てことに気づいたので、

無謀は承知のチャレンジなのです。

昨日のブログに書きましたが、

「チャレンジしなかった」ことを後悔したくないんです。

それよりも「チャレンジした」先の未来を、

自分の手で作っていくことを選びました。

ただし、先の見通しは全く見えないし、

頼りになるのは今までの経験と助けてくれる友達の存在、

そして自分でも気づかない才能。

この気づかない才能と経験と友達を繋げた時、

きっと何かができる気はしています。

だからこその試行錯誤、

これかな?と思ったことはやってみて、

その結果を見ているところです。

人生かけての挑戦だから、そんなにすぐには答えは出ないでしょうね。

だから、焦る気持ちをなだめつつ、

1年後、2年後のために、

いくつかのことに、時間と労力とお金をつぎ込んでいるところです。

なので、今日のサポメにはちょっと救われた気がしています。

将来のための試行錯誤、もうすぐプロジェクト始動!!

今、準備しているプロジェクトが2つあります。

2ヶ月活動してきて、やってみようと決めたことです。

このままガンガン進めたいと思っています。

ブログももうじきリニューアルするつもりです。

みこりんが何を始めるのか?

楽しみに待っていてくださいね。

読んでくださり、ありがとうございました。