天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

CITTA式未来を予約する手帳術〜手帳を上手に活用して夢をかなえたい!〜68/100

      2018/04/20

「CITTA式未来を予約する手帳術」by青木千草 (かんき出版)を、

再読しました。

未来を主体的に作るためのヒントがたくさん見つかりました!

 

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

せっかくの休暇、

のんびりしてますが、そろそろ何か思い切ったことしたい、

そう思いつつできずにいました。

ライフデザインのためにヒントがないかと思い、

久しぶりにこの本を読みました。

「CITTA式未来を予約する手帳術」
by青木千草 (かんき出版)

最近手帳を使ってないことに気づいた

今年の初め青い手帳を買いました。

そこには、今年1年間の行動目標や計画を

書き入れていました。

3月までは、仕事の段取りや時間管理のために、

色々書き込み活用していました。

でも、4月からやるべきことがなくなり、

手帳をすっかり使っていませんでした。

だから、せっかくの休暇、

何をして過ごしたいか色々考えていたのに、

それらが流れていってしまっています。

こりゃいかん!

そう思って、再読し、

セカンドキャリアデザインのために必要な

3つのアクションを考えました。

Action1:手帳時間を作る

★自分軸で仕事もプライベートも予定を書き込む

当たり前のようだけど私はなかなかできませんでした。

自分の価値観を大切にし、

ワクワクする予定や仕事の予定を

先に手帳に書き込んでしまうのです。

それは、自分の時間をデザインすること、

ライフデザインには必要な行動です。

毎週、1〜2時間でいいから、

予定を俯瞰し、自分ミーティングを手帳と一緒に

やっていきたいと思いました。

Action 2:ワクワクする未来を予約する

★主体的な意識を持ち願いを書く

CITTA式メソッドで一番大事なものが

「ワクワクリスト」なんだそうです。

3日間で108個のワクワクリストを書き、

自分に問いかけ本物を選び出し、

優先順位をつけ、日付を決めて、

望む未来を予約するのです。

本書には、その方法が詳しく書いてあります。

ワクワクリストは作っても、

日付を決めて手帳に書き込むことまではしていませんでした。

できなかったら、、、。

という、ブロックがかかってしまっていたからです。

今度こそ、自分軸のライフスタイル、ライフワークを

デザインするために、

このメソッドを実行しようと思います。

Action 3:早起きして瞑想の時間を確保する

★なりたい自分をかなえる秘訣は「朝」にある

本書には、未来と一緒になりたい理想の自分を

引き寄せるための秘訣も書かれています。

その1つが新しい習慣を持つこと。

私は、毎朝禅・マインドフルネスをしています。

これは、雑念に邪魔されず、

自分の心のありようを見つめるために大事だと思っています。

しかし、最近起きるのが遅くなり、

ざわざわと落ち着かない中で禅をしてしまいがちです。

なので、1日の流れを自分主体にするために、

落ち着いた心持ちでスタートできるように、

もうちょっと早起きをして心を整えていきたいと

思います。

新しい手帳を買うことにした

早速、ワクワクリストを書こう・・・

と思ったら、

今の手帳にはそういうことを書き込むスペースが

ほとんどありません。

また、3月まで仕事でぎっしりで

重くなった手帳に、

新しい未来の約束を書く気持ちになれませんでした。

だから、

インターネットで新しい手帳を注文しました。

来るのが楽しみです。

ここから、やっと新しい人生へ、

時間が動き始めたような気がします。

まとめ

ただ読むだけでも、面白い本ですが、

こうして自分に必要な行動計画へと発展させると、

本当に必要なことが見えてきます。

毎日、それなりに充実し忙しく過ごしています。

ただ、まだ与えられたものを消化しているようにも

思えるのです。

主体的に未来のために行動する、

そのために自分から未来をデザインしたいと思いました。

新年度はまだ始まったばかり、

今からでも新しい手帳で未来をデザインしてはいかがでしょう。

読む人によって、大切なポイントが何かを

本書が教えてくれると思います。

読んでくださり、ありがとうございました。

お知らせ

*みこりんと一緒に学びませんか?
よかったらこちらもご覧くださいね。

☆マナビツナグヒトのチャンネルページ作りました。

登録はこちらからどうぞ

「元教師の経験から、若い教師に必要な力を語ります。」

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw?view_as=subscriber

 - チャレンジ, リーディング ,