天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

自己否定のストーリーに気づく 6-43

   

今日は一年で一番日が長い夏至でした。私にとってはこれからの人生で重要なターニングポイントとなるはずのこの日に、なぜか何度か遭遇する言葉がありました。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

今日は一年で一番日が長い夏至でした。

私にとってはこれからの人生で重要な

ターニングポイントとなるはずのこの日に、

なぜか何度か遭遇する言葉がありました。

それは、「セルフイメージ」です。

禅を組んでいる時に、

もやもやと降りてきた不安が

私の「セルフイメージ低いかも?」。

その後も、

何回か自分のセルフイメージが試されているなあと

感じる場面がありました。

理由はわかっています。

行動に踏み切れないからです。

その背後には、

「うまくいかないに決まっている」

と思っている私がいます。

「さあ行くぞ!」とアクセルを踏む隣で、

「できるわけないよ」とブレーキを踏む私。

いつものパターンを再現していました。

自己否定のビリーフをリセットしたはずなのに、

まだ残骸が残っているようです。

コアビリーフは根深いので、

そう簡単には取り切れません。

違う場面で違う形で出てくると聞いています。

だから、すぐに正体に気づくことができました。

あ、まだいる・・・・って。

この感じ、

これからも味わうと思います。

自己否定が見せるストーリーの飲み込まれずに、

行動を通じてそうではない現実を見つけていきたいものです。

大事な日だからこそ、気づけてよかったこの感じ。

読んでくださりありがとうございました。

 - 未分類