機は熟している【OSHO禅タロット】

今日の1枚は、「RIPENESS」

虹のカード、No9です。

虹のカードは、物質を意味すると言います。今日意識したいきっかけやシンボルをここから読み取ります。

「RIPENESS」とは、機は熟しているという意味です。

図柄を見ると、

たわわに実った果実が、

まさに枝を離れて地に落ちようとしています。

背景には明けの明星と三日月が見えます。

艶々とした実は、

手にとられる時を待っているかのようです。

これは、既に実っているにも関わらず、

そのことに気づかず、

落ちるままにしておくことへの注意を促しているようにも見えます。

いつまで放置しておくのでしょう。

もう、機は熟しているのです。

このカードをどう読み取ればよいのでしょう。

大事なのは、自分がそこからどんな洞察を得るかです。

このカードを引いたのは2回目です。

その時にも同じことを感じたのに、

なぜまたこのカードが出たのか、

そこが肝心なのかなと思います。

機は熟している。

私が分け与えられる、果実のジュースとは何なのだろう?

虹のカードは、

持てる価値の扱い方を示唆しているようなので、

こういう時こそ、

自分にある価値を見つめ、それを生かすように心がけたいです。

今日は自治体主催の創業塾のがあります。

価値の活かし方、ヒントがありそうです。

読んでくださりありがとうございます。

OSHO禅タロットカードに関する記事はこちらからもどうそ。

「OSHO禅タロットカードリーディング入門講座を受けてきました」