天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

ジブイクのすすめ 〜自分ハッピーで生きていこう!〜No2「自分のゼロポジションを持つ」

   

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

今朝も、「ジブイク」を読んでくださってありがとうございます。
*メルマガ仕様で書いています

「ゼロトレ」by石村友見(サンマーク出版)がよく売れています。

私も買いました。

なぜ買ったのかというと、「ゼロポジション」という言葉に引かれたからです。

本書では、著者が開発したトレーニングによって、身体の歪みを元の位置に戻し、基礎代謝を向上させ、疲れにくく太りづらい身体にすることをめざしています(ざっくり)。

その本来の位置のことを「ゼロポジション」というのです。

今日、私がお伝えしたいことは、自分自身の「ゼロポジション」を持つ、と言うことです。

現代人、特に仕事に、家事に、趣味にとがんばっている人ほど、頭の中でいろいろな思いがぐるぐると回っていることと思います。たくさんのことが常に頭から離れない、これはゼロよりもプラスの状態とします。

逆にマイナスの人もいるでしょう。心が疲れている人、なんのモチベーションもわかない状態にある人、そういう人はゼロよりもマイナスの状態としましょう。

この2つの状態は対極にあるものの、ある共通点があります。

その状態では、大事な判断を正しく下す、自分自身の本来の思いを知る、ことは難しいということです。雑多な思考や思い込みが邪魔をしたり、無気力が足を引っ張ったりするからです。

デコボコになった心や思考を一旦フラットにすると、スッと答えが浮かんだり今まで見えなかったものが見えるようになったりします。このフラットな状態を作ること、つまり無心になることが、自分の「ゼロポジション」なのです。

心と思考をフラットにする、イメージは伝わると思いますが、それをどうやったらいいの?という疑問が出ますね。

人それぞれ、方法があっていいと思うのです。

ランニングが好きな方は、「走っている最中に無心になれる」、と言います。

「お風呂に入っている時が、一番何も考えない状態になれる」と言う人もいます。

マインドフルネスもその方法の一つです。

私は、「禅の学校」の松田純先生から、「数息観」と言う座禅の方法を教わりました。毎朝、この時間をとることで、心と思考を整え、物事にあたるようにしています。

この習慣を持ったことで、心がざわつくときも、慌ただしい時も、「数息観」をすることで、一旦そのあれこれを手放して、シンプルに物事を考えることができるようになりました。

忙しい人、心が不安定な人は、「頭と心のゼロポジション」を心がけてみてはいかがでしょうか。

松田純先生については、こちらからご覧くださいね。

https://www.facebook.com/groups/zen.school.create.the.future/

お知らせ

*みこりんと一緒に学びませんか?
よかったらこちらもご覧くださいね。

☆マナビツナグヒトのチャンネルページ作りました。

登録はこちらからどうぞ

「元教師の経験から、若い教師に必要な力を語ります。」

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw?view_as=subscriber

 - リラックス