天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

みこりんチャンネル第8話を公開しました。テーマは「学級経営がうまい先生とは?」

   

みこりんチャンネル第8話を公開しました。今回のテーマは「学級経営がうまい先生とは?」です。みこりん、ちょっと鬼っぷりを発揮しています。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

みこりんチャンネル第8話を公開しました。

今回のテーマは「学級経営がうまい先生とは?」です。

みこりん、ちょっと鬼っぷりを発揮しています。

というのも、小学校の教員経験が長いみこりんにとって、

学級経営は「肝」でした。

喋り出したら止まらなくなった第8話

「学級経営」をテーマにしたら、

ますます語りが止まらなくなってしまいました。

それは、「肝」だからというのもありますが、

やはり、子どもたちにとって、

学級が居心地よく学べる場であってほしいと

思う気持ちもあるからです。

学級経営につまずくと、

子ども達も、先生も辛い思いをします。

人間同士なので、

全部が全部うまくいくということはなくて、

問題も起きるときは起きます。

その時に、足を踏ん張っても崩れない基盤があれば、

子どもは、それを乗り越えることができます。

その子どもの力を伸ばせる環境が重要なのです。

だからね、

そこ、うざいほどいろいろなことをいいたくなっちゃうんです。

学級経営ってなんですか?

学級を教育的な目的に即して組織化し、教育活動を充実させていく教師の仕事。

と「コトバンク」に書いてあります。

この言葉からしても、学級経営には3つの要素があると思っています。

それは、「子ども(児童生徒)」「教育課程」「組織」です。

*学級集団の中で、個や集団の関係づくりをしながら、安心して生活・学習できる環境を作ること。

*教育課程を調整し、より効果的に学習指導を進めていくこと。

*学校全体における役割を果たしたり、地域と関わったりしながら、社会性を身につけさせること。

ざっくりですがそういうことだと捉えています。

ある意味、1つの組織を経営するということなので、

非常に重責を伴う仕事だと思っています。

なので、常々悩んできました。

うちの学級は大丈夫かな?これでいいのかな?って。

うまくいっている学級の共通点はなんですか?

一言で言うと、活気があります。

子ども達が生き生きとしています。

大切なところではしっかりとまとまり、

集団の力を見せてくれます。

ちゃんと相手の目を見て話をします。

挨拶や返事が気持ちいいです。

そして何よりも「笑顔」です。

それは、満足感、安心感、有用感の表れだと思います。

自分の学級が好きである、

自分は学級に居場所がある、

そういった意識が表情に表れるのです。

もちろん、問題も起きるときは起きますが、

それを解決しようと動ける子どもが多いのも、

自分たちの学級という意識からの行動です。

そういう学級では、

子どもの学ぶ力や吸収する力も育ちます。

と、そんなことを語っているのが第8話です。

勢いで始めたみこりんチャンネル、

観てくださる方も増えました。

肝心の若い先生達にはまだあまり繋がっていないので、

お知り合いに若い先生がいらっしゃったら、

変な動画があるよってお知らせいただけると嬉しいです。

第8話は、以下のリンクからご覧になれます。

よかったらポチッとお願いします。

読んでくださり、ありがとうございました。

みこりんチャンネル第8話「学級経営がうまい先生とは?」

https://youtu.be/BGKFsHm52bQ

お知らせ

*みこりんと一緒に学びませんか?
よかったらこちらもご覧くださいね。

☆マナビツナグヒトのチャンネルページ作りました。

登録はこちらからどうぞ

「元教師の経験から、若い教師に必要な力を語ります。」

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw?view_as=subscriber

 - 教育