書評ブログを書く読書会にチャレンジ!《読書会》

書評ブログを書く読書会を開催しました!

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

書評ブログを書く読書会を開催しました!

私は、リーディングファシリテーター/ブロガーです。

読んだ本の書評のブログ記事を

もう少し頻繁に更新したいところ。

そこで閃いた、

読んで書く読書会。

書評ブログを書く読書会です。

短い広報期間でしたが、

2名の方が参加してくださいました。

初の試み、ドキドキでしたが、

お友だちからもエールをいただき、

楽しく開催することができました。

この読書会は、

「1冊20分、読まずに「わかる!」すごく読書術」

でおなじみの、

レゾナンスリーディングの手法を使い、

アウトプットのための読書会として、

読む時間、書く時間を併せて構成しました。

書評を書くために大切なのは、

☆誰に向けて書くのか?

☆何を伝えたいのか?

☆どう役に立てばいいのか?

を意識することだと思います。

その柱となる部分を引き出すことは、

レゾナンスリーディングを使うと

すんなり読み取ることができます。

読書会では、

そのよさをお伝えしながら、

文書構成の技であるPREPを

組み合わせて、

参加者さんが書評を書くプロセスを

ファシリテートすることに努めました。

時間内に記事を書き終えることはできませんでしたが、

書くための手法がわかったと、

喜んでいただけました。

よかったーーー。

初の試みのこの読書会。

書評ブログを書きたい方のために、

続けて開催していきます。

本を読んで、アウトプットして、

学びを深め、才能を伸ばしていけるように、

ささやかながらお手伝いしたいです。

よかったら、

いつかご参加くださいね。

読んでくださりありがとうございました。