オンライン教材作りの肝を学ぶ〜選ばれる講座には理由があった〜

Udemy(ユーデミー)の人気講師であるたてばやし淳先生の「オンライン教材の作り方7STEP」講座に参加しました。

選ばれる講座、講師には理由があるんだなあということを

しみじみと感じた講座でした。

ユーデミーのたてばやし淳先生から教材作りを学ぶ

起業家、プロデューサーの鈴木実歩さんが主催するコミュニティで

Udemyの人気講師たてばやし淳先生

「オンライン教材の作り方7STEP」講座を開催してくださいました。

元学校の先生として、

講座・教材を作ることは日常的にやってきましたが、

大人のための講座、

オンライン講座となるとちょっと勝手が違います。

加えて、

お客さまに欲しい!と言っていただける講座・教材となると

難しさを感じていました。

今回、たてばやし先生の「オンライン教材の作り方7STEP」講座を受講し、

その設計から印象に残ったことを3つまとめます。

オンライン教材の作り方3つの肝!

オンライン教材作りの肝1:スライドの見せ(魅せ)方

オンライン講座ではスライドを見ながら学ぶことになります。

たてばやし先生のスライドは、非常にわかりやすい!

なぜなら、

・フォントが統一されている

・文章が少ない(簡潔にまとめているから)

・色使いがシンプル(アクセントが際立つ)

・表や図で示す

という気配りの行き届いたものだったからです。

書きたいこと、伝えたいことを盛り込みすぎ、

やたら目を惹くデザイン、

というスライドは受講者には不親切です。

その点、目でみるわかりやすさを実感できるシンプルな教材は

学びを助けてくれるものだということを実感しました。

オンライン教材作りの肝2:構成はPREPを活用

学ぶ構成は、PREPを使うとよいということでした。

P:目的・結論

R:理由

E:事例

P:結論

というシンプルな流れは、

効率的に理解できる構成であり

講座の流れとしても効果があると思います。

つまり、オンライン教材はプレゼンの要素もあると

考えられるのかな・・・。

この講座の構成もPREPに則っており、

この型の良さが実感できました。

オンライン教材作りの肝3:悩みから始めよ

オンライン教材のコンテンツは

「悩み」から作ると良いそうです。

ついつい、これを学んでほしい、これを学ぶと良いよ、

ってことを教材化しがちです。

でも、選ばれるためには、お客さまの心に刺さることも大事です。

それが「お客さまのお悩み解決」なのです。

実は、ブログを書くのもそうなんですよね。

わかっていながら、

ついつい書きたいことを書いてしまいます。

教材作り、講座作りもしかりです。

質疑応答コーナーで、

私が質問した時のたてばやし先生の答えも

「悩み」から作りましょう、ということでした。

おっと~~~

ということで、

今後一番心がけたいことは、この3つ目の肝です。

私はコーチとして、講師として、

様々な型のお悩みを聞く機会が多いのに

それを見過ごしがちでした。

それらを振り返りながら、

誰かのお悩みを解決できる講座や教材を作りたいと思いました。

 

 

約1時間半の講座でしたが、とても充実した内容で

ピンポイントの疑問にも的確な答えをいただけました。

学ぶのは楽しいな~~

大満足の講座でした。

読んでくださり、ありがとうございます。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!みこりんの無料メールマガジンです。

誰でもなりたい自分になれます!
読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけです♪ぜひご登録お願いします♪♪

登録は、こちらをクリック♪

 

この記事を書いた人

みこりん

みこりん