幸せってなんですか?当たり前と思うものにある奇跡に感謝〜50代のセカンドキャリア〜

「みこりんにとって、幸せってなんですか?」

今日ある方に訊かれました。

皆さんは、どう答えますか?

ショック!!首里城が焼けた・・・・・

今朝、SNSの一枚の写真に目が釘付けになりました。

首里城が燃えてる・・・

ニュースをチェックしたところ、

その時点では正殿と北殿が焼けたということ、

消火作業が続いていること、

近隣住民にも危険ということで避難措置が出ていること、

がわかりました。

それはわかっても、

なんで燃えているのか?

これはどうなるのか?

は、ちっともわからない。

沖縄の歴史と文化を語る世界遺産、

美しく荘厳なあの姿が無残にも焼け落ちる様子に、

心が痛みました。

当たり前と思うものは実は奇跡である

ニュースでの沖縄の方の言葉、

「いつもそこにあった沖縄の象徴・・・」。

那覇には首里城がある、

それは誰もが知っていることで、

東京に東京タワーが、

大阪に大阪城があるのと同じくらい

あって当たり前のものでした。

でも、それは

永遠でも、当たり前でもなくて、

長い歴史の中で、様々なことにあっても、

そこにあるというのはすごい奇跡的なことなんだ、

ということを忘れてはいけません。

台風や大雨のあと、

日常生活が激変してしまった方の姿も、

ニュースなどで見るにつけ、

今あることがどんなにありがたいことなのか、

つくづく思うことです。

私が幸せと思うもの

そんなことを考えていた時にこの質問、

「みこりんにとって、幸せってなんですか?」

以前は、

幸せ=物質的な豊かさ、素敵なパートナーや幸運に恵まれること、

と考えていたこともありました。

でも年をとったせいか、

たくさんの経験を積んだせいか、

それほど大きな、劇的な幸せを

求めることはなくなりました。

この時に幸せ、と感じたのは、

うさうさ が、クークーいびきをかいて寝ている姿。

可愛いうさうさ と一緒に過ごす時間は、

本当に愛おしい大切なものです。

他にも、毎朝ゆっくり食べる朝ごはん。

仕事での達成感、いい本を読んだ時など、

いわゆる当たり前の生活の中にあることばかりです。

幸せを、つい外に探してしまいがちですが、

内にあるものをよく見直すと

そこに幸せがあるんじゃないかと思います。

当たり前と思いがちな幸せに、

感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

読んでくださり、ありがとうございました。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪