できないのではなくて、まだ進化中!なのです♫

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

昨日は、

「できない自分を責めるのは早い」という記事を書きました。

そのつけたしを忘れないうちに書いておきます。

できないと思うのは、

これからできるようになる(かもしれない)ということです。

だから、まだ足りないなあと思う人ほど、

これから伸びていく余地はたっくさんあるのです。

つまり、まだ進化中なのですね。

だって、小学校に入る前は、

英語はおろか、日本語だって読み書きはできなかったですよね。

それを、「できない」といって落ち込んだり責めたりはしません。

「これから勉強してできるようになるんだ」

としか考えなかったと思います。

だから、いくつになっても、

それがどんなことであろうと同じだと思います。

やめなければ、諦めなければ、

まだこれから進化できるんです。

そう思ったら、これからなりたい自分像が、

ちょこっとだけ降ってきました。

まだ、薄っぺらくもろいイメージですが、

路線的にはいい感じがしています。

そこに至るための道の途中と思えば、

できないことなんかどうでもいいです。

どうやってできるようにするかを考えたいです。

見方って、ちょっとしたことで、

こんなに大きく変わるんですね。

今更ながらびっくり〜です!!

絶賛進化中のみんな、がんばろうね〜

読んでくださりありがとうございました。