天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

自己開示を上手に活用すると◯◯づくりに役立ちます。

   

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

今日、帰りの会の指導をしていたところに、

落とし物箱が回ってきました。

「この水筒の持ち主はいますか?」

「このハンカチの持ち主はいますか?」

とそれぞれ見せて訊いていくうちに見覚えあるものが・・・。

ががーん!それは私の持ち物でした。

見当たらないなあ…と思ったら、全校落とし物箱に入れられ、

各学級で

「これ誰のですか?」と言われていたらしい。

顔から火が出るかと思いました・・・が、

ばれないようにこっそり、荷物の中に隠しました。

人に知られたくなくて、内緒にしていたことっていくつかあると思います。

特に、自分の欠点・恥と思うものは・・・。

でも、ちょっとした失敗ならば、少し話しても罪にならないかも。

却って、

「そんな失敗するように見えなかった〜」と好感UPにつながることもあります。

逆に、誰が見てもバレバレな事をひた隠しにしていると、

「ばれてるのわからないのかな?」

「そんなに必死に隠すなんて、哀れだな」

なんて人間を下げる事になることもあります。

もちろん、なんでもかんでも明かしてしまえ、というものではないです。

ただ、

人が知らない自分の一面を、ちょっと人に伝える事が

人間関係をよくする事もあります。

自分自身のことを相手に伝える事を「自己開示」と言います。

*親しみを持たせる。

*相手からも同じように未知の面を見せてもらえる。

この2つは、「自己開示」の効能として知られています。

人間関係を作る際に、上手に「自己開示」をしていくと、

双方の距離が縮まる事も多いので、上手に活用するといいと思います。

ただし、やり過ぎると逆効果にもなるのでその点は要注意です。

落とし物についてはそのうちばれると思うので、

ばれる前にばらしてしまおうと思っています。

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 - リラックス