天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

子育てと自分の資質との関係はあるの?

      2017/08/23

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

先日、友人たちと、

「子育てストレングス」なるイベントを共同開催しました。

今年から、

子育てママ向けに、子育ての悩みや工夫を分かち合う会を

友だちと始めたのですが、

会を重ねる毎に、こういう分かち合う場の重要性を実感します。


今回のテーマは、勝間塾ではおなじみの「ストレングス・ファインダー」。

「ストレングス・ファインダー」については、こちらのHPを参考にしてみてね。

https://strengths-labo.com/strengthfinder/
私の上位資質の一つは「責任感」です。

これをもっている人は、

「約束を守る」ことと

「人に迷惑をかけない」ことを重視しがちなんだそうです。
ドキッ〜

心当たりあるあるです。

そういえば学級目標には、「責任」という2文字が入ってた気がする。

私にとって、これは当たり前のこと。

でも、「責任感」という資質が弱い人にとっては、

「約束を守ることはそれほど大事ではない。」

「人に迷惑を多少かけても問題ない。」

と考えるのだそうです。

親子でこの真逆の考え方だったら、

毎日葛藤でしょうね〜〜〜。

コーチさんにも、

「私,みこりんさんのクラスの生徒だったら苦労してました。」

って言われちゃいました。

「こらー、約束守らんかー!!」って毎日怒っちゃいそう(笑)
逆に私にはない資質で「へー」って思ったのが、

「競争性」という資質。

これは、

「一番になりたい」

「他の人と同じはイヤ」

なんだそうです。

だから、なんでも人と違うところで差別化を図りがち。

そして、自分が優位に立つものが好き。

私は、これは全然思わないんです。

どっちかというとマイペースでオリジナルの方がいい。

だから、人と競うことを求められたら苦痛になります。


親子であっても、違いがあるんだなあということを実感。

じゃあ、それを活かすにはどうすればいいか?

「強制しない」

「個の資質を活かす」

これが大切そうです。
そんなことをシェアし合っていたら思い出したことがありました。

以前、一緒に働いていた年配の先生が、

「人の家庭と比べて、うちの子は可哀想って思っちゃダメ」

と話していたのを思い出しました。

人の個性が違うように、家庭の優先順位や関わり方は違います。

その家庭にはその家庭ならではの子育てがあるのです。

一生懸命、子どものことを考えて育てることでいいと思うのです。

もし、間違えていたら、子どもに教えてもらえばいいじゃないですか。

そういうコミュニケーションをとれる親子関係も大事じゃないかなと

思いました。


子育てにストレングスファインダーを活用する、

きっと関わり方が楽になる気がしました。
読んでくださりありがとうございました。

 - チャレンジ, 教育