天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

連休明け、仕事を乗り切るための2つの方法 5-8

   

ゴールデンウイークも終わってしまいました。連休明けは、月曜日から。自分が主導権を持って仕事をするために、私が心がけてきたことを紹介します。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

忙しかった教員時代、

ぼっとしていると仕事が山のように襲いかかってきます。

例えが悪いかもしれませんね、

つまりは「あれもやらなきゃだった」

「え、これって今日やらなきゃダメじゃん!」てことにならないように、

自分が仕事の主導権を持ち進めたいと思っていました。

連休明けは、特に問題が起きがちです。

子どもたちのトラブルだったり、

授業に必要なものがなかったり、

一番は教師も生徒もお休みムードを引きずってきちゃうということ。

なので、

「1日の中にゆとりを作っておくこと」

が大事でした。

そして、1週間を主体的に進めるために心がけていたことが次の2つです。

その1:1週間のスケジュールを立てる

 提出物や会議、打ち合わせの時間も入れてスケジュールを作ると、

自分が使える時間が見えます。

このうちのどこかをゆとり時間にとっておいて、残りの時間内で、

何をするのかを決めておくのです。

することの優先順位をつけることも必須です。

その2:ご褒美を入れる

 自分にとってがんばったご褒美、

なんでもいいのでスケジュールに入れましょう。

3日がんばったら、大好きなスイーツ。

1週間がんばったら、マッサージ。

私はそんな感じでご褒美をいれていました。


モチベーションだけに頼ると、

私の場合は続きませんでした。

だから、せざるを得ない状態を作ることと、

自分をご褒美でつりながら、1週間を乗り切りました。

方法はなんでもいいので、

連休明けもポジティヴにいきましょう。

読んでくださり、ありがとうございました。

 - チャレンジ