天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

ビリーフ・リセット・カウンセリングを受けました〜心の底に隠していたビリーフが見えた!〜6-17

      2018/06/14

ビリーフ・リセット・カウンセリングを受けてきました。これは講座ではなく、自分自身が持つビリーフを知り、その解放をするために、実際のカウンセリングを受けたのです。そして、見えたビリーフ、、、見たくなかった心の傷が見えてしまいました。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

 

ビリーフ・リセット・カウンセリングを受けてきました。

これは講座ではなく、自分自身が持つビリーフを知り、

それを解放をするために、実際のカウンセリングを受けたのです。

一緒に受講している仲間からも、

続々とカウンセリングを受けた報告が上がっています。

それらを読みながら、

皆ほど大きな悩みや困難を抱えていない私は、

ちょっと申し訳ない気持ちもありました。

ただし、それはその時までのこと、

カウンセリングを受けたら、

見たくなかった心の傷が見えてしまいました。

そして気づきました。

「Doing だけでは幸せになれない!」

ビリーフに気づいたきっかけ

4月末、ある講座を受けている時でした。

「みこりんさんの仲間は誰ですか?」

という質問に対して、頭も体もフリーズしてしまいました。

どうしてか、わかりません。

実際に、その時は職がなかったので、

職場の仲間はいないし、家族や友人は仲間ではないし、

と思ったら、

「私には誰もいない・・・」という現実が

のしかかってきちゃったんです。

普段だったら、なんの問題なく対応できる問いです。

でも、その日はダメでした。

去るようにその場を立ち去り、

帰りの電車の中では、

自分が一人ぼっちであるという現実に

流れる涙がを止められませんでした。

「私は一人ぼっちだ、誰も私のことを見向きもしないだろう」

暗い闇の中に一人たたずむ自分の姿のイメージが

頭の中から消えませんでした。

第1回目のビリーフ・リセット・カウンセリング

その数日後、

認定カウンセラーのかずこさんのカウンセリングを

受けることになっていました。

ちょうどいい機会なので、

この味わった孤独感について話すことにしました。

かずこさんは私の話から、

「嫌われる」というキーワードを引き出しました。

私は人から嫌われる、そういう言葉が何度も出てきたからだと思います。

現に、そう思っていたし、

でもその理由がわからなかったので、

そう感じる場面を想定し、

ビリーフ・リセットワークをしていただきました。

おかげで、その時のビリーフは解除することができました。

でも、まだ本当のところにはたどり着けず

もどかしい思いも残っていました。

かずこさんからは、

それは、インナーチャイルドに関連しているかもしれない、

あやさんのセッションではそれを見てもらうといいね。

と言葉をいただき、第1回目のセッションは終了しました。

かずこさんのサイトはこちらから

http://kazuko3.com

ビリーフをリセットしたかった理由

先週が、あやさんこと大塚あやこさんのセッションでした。

あやさんは、ビリーフ・リセット・カウンセリングの生みの親です。

予約が取れないカウンセラーとして、人気が高いです。

加えて、その概念とスキルを講座化し、

理解を広げることや、後進を育成することに尽力していらっしゃいます。

サイトはこちらから

プロフィール

カウンセリングでは、

「嫌われる私」ではなく

「自己否定する私」について話そうと思っていました。

起業して自分の名前で仕事をしていこうとするときに、

抱えている「自己否定」はマイナスの結果を生みかねない、

そこでクリアリングしたいと思っていたからです。

そこで、あやさんには、

「自分の名前と顔を出すのが怖い」

「自分に、自分が考えているようなことができるわけはないと思う」

「自分は誰からも選ばれないと思う」

ということを伝えました。

加えて、かずこさんのセッションでの気づきも伝えました。

次々と、自己否定が見せる証拠を挙げていったところ、

あやさんから、マインドフルネス導入をしてもいいか

と声をかけられました。

マインドフルネス導入での驚きの反応

ビリーフ・リセット・カウンセリングのプロセスの1つに、

マインドフルネス導入があります。

これは、クライアントをマインドフルネスの状態に導き、

カウンセラーがいくつかのキーワードを伝えて

クライアントの反応を見るというものです。

その反応から、クライアントが持っているビリーフを推測することができるのです。

マインドフルネス状態に入ったかな・・・という頃、

強い口調で、

「あなたには魅力がない。」

*正式な言葉は忘れちゃったけど、否定する言葉でした。

ちょっとびっくりしたけど、聞き流していたら、

淡々とした口調で

「あなたには魅力がない。」

これも、ふ〜ん知ってるよって感じ。

最後に、優しい言い方で、

「あなたには魅力がない。」

これは???なんかが動いた気がしました。

そこで、言葉に対しての反応は感じないけど、

最後の言い方だけがちょっと引っかかったことを伝えました。

しばらくしてあやさんが言ったのが、

「あなたは魅力的ですね。」

「あなたは素敵ですね。」

とても柔らかで優しい口調・・・、

だけど、だけど、これはいかん!

ざわざわざわざわ・・・・・

「あなたは魅力的ですね。」

「あなたは素敵ですね。」

ざわざわざわざわざわざわ・・・・

やめてーーっ!!て感じでした。

すごく居心地が悪くて立ち上がりたくなるのを我慢していました。

「あなたは魅力的ですね。」

「あなたは素敵ですね。」

ざわざわ 感はどんどん大きくなっていきます。

心の中では思いっきり全否定!

3回目が終わって、ホッとしました。

もう、この言葉を聞かなくて済む。

自分がずっと信じていた自分の姿

このマインドフルネス導入で気づいたこと。

「あなたは魅力はない」・・・自分のこととして受け入れられる。

「あなたは魅力的ですね。」・・・自分のこととして受け入れられない。

ということでした。

あやさんが静かに言いました。

「自分に魅力がないって信じていたんだね・・・。」

その通り・・・

だったんです。

だから、自分のことが好きじゃないし、自分を認められないし、

人から嫌われても当然だと思っている、

結果、私はひとり・・・なのです。

つながってしまった。

私の自己否定と一人ぼっちが・・・。

この後、その原因を探りビリーフ・リセットをしていくのですが、

長くなるので今日はここまでにします。

重たい話でごめんなさい。

でも、読んでくださってありがとうございました。

この続きはこちらからどうぞ。

ビリーフ・リセット・カウンセリングを受けました!!その2〜これからは自分を生きると決めた 6-20

ちょっと、この記事が気になるなって思う方は、

大塚あやこさんのこちらのサイトをご覧ください。

Top Page

ビリーフ・リセット・カウンセリングに関するこの記事もよかったらどうぞ。

自分を大切にするということ がんばる人こそ自分ケアをしよう!30/100

 - チャレンジ ,