天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

二月歌舞伎〜二人桃太郎の可愛さに癒される!〜

   

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

お友達の誘いで、何年ぶりかで歌舞伎を観に行きました。

『猿若祭二月大歌舞伎:夜の部公演』

新しい歌舞伎座になって初めて中に入ります。

懐かしさと新しさにウキウキ気分♫

もう1つのウキウキは、なんといっても襲名披露!

なんと中村勘九郎さんの二人のお子さんが、

この舞台でお披露目公演を行うと言うのです。

勘九郎さんといえば、

私が好んで観ていた時代はまだ青いお兄さん。

父の勘三郎さんは当代きっての大スター。

舞台では何を演じても花のある素晴らしい役者さんでした。

今回襲名披露を行う演目は

「門出二人桃太郎」

ざっくりいうと桃太郎さんです。

長男の三代目勘太郎くんが兄の桃太郎。

次男の二代目長三郎くんが弟の桃太郎。

お父さんの勘九郎さんがおじいさんおばあさんの息子と鬼の総大将。

叔父さんの七之助さんが息子の嫁。

全体の後見役である尾上菊五郎さんが神主さん。

その他、脇を固めるのは、中村家に縁がある役者さん達。

とっても豪華な舞台です。

二人の桃太郎は、セリフも多く、立ち回りや踊りなどもあり、

こんな小さい子が演じるのはさぞかしお稽古大変だったろうなあ

と思えるほどでした。

でも、兄の勘太郎くんがしっかりとした身のこなしで堂々とセリフを述べると、

弟の長三郎くんもたどたどしい言葉ながらも大きな声で応じます。

さすが中村家の血筋!?

と思えるほど、立派な初舞台でした。

その姿を見守る勘九郎パパのまなざしやさりげなく寄り添う姿、

口上で額を舞台に押し付けるよう低く下げ、感謝と願いを述べる姿に、

パパの愛情を感じてじんわり温かい気持ちになりました。

小さなスターの誕生を、

劇場全体が祝い、成長を願う気持ちに包まれました。

とてもとても気持ちのよい舞台でした。

ん年ぶりの歌舞伎座で、

こんな瞬間に立ち会えたことに幸せを感じます。
読んでくださりありがとうございました。

 - リラックス