学校の先生を辞めても大丈夫って思えた時

学校の先生は天職だったと思ってます。

なのに、定年まで勤めずに辞めて新しいことを始めました。

大好きな仕事をなぜ辞めたのか、聞かれることも多いのですが、

「先生を辞めても大丈夫」って思えた瞬間があったことを思い出しました。

学校の先生じゃなきゃダメなのか?

学校の先生の仕事が好きなのに天職なのに、

苦しくなったことがありました。

なんでこんなことをしないといけないの?と思う仕事もあったし、

子どもたちのためにこうしたいと思っても叶わなかったり、

様々な制限や不自由さに我慢できないこともありました。

だけど、私は学校の先生しかできないって思ってました。

学校を辞めたら、先生の仕事はできないし、

私は先生以外の仕事ができるか自信もなかったし。

学校の先生じゃなきゃダメと思い込んでいたときは、

それ以外の選択肢を見つけることができませんでした。

学校の先生を辞めても大丈夫と思えた時

だけど、ある時気がついちゃったんです。

そのきっかけは忘れてしまいましたが、

不意に降りてきたんです、その考えが、、、。

それは、

【私は、教えることが好きで、人の成長を見ることが嬉しいのだということ。

そしてそれは、学校以外でもできるんじゃないかっていうこと。】

今からすると、そんなの当然じゃん!

って思いますが、

当時の私にとっては、文字通り目からウロコが落ちるほど、

新鮮なアイデアだったんです。

学校にこだわらなくてもいいんだ。

それ以上に、

「いつでもどこでも誰でも学び、成長する場を作りたい!」

という気持ちがむくむくと湧いてきました。

その時ですよ、

学校の先生を辞めても大丈夫だって思えた時は。

私がやりたいことは、学校外でもできるのですもの。

学校の先生を辞めたけど今でも教える仕事をしています

そう思った時から、3~4年経って、

本当に学校を辞めてしまいました。

辞めたのに、なぜかフリーランスティーチャーとして、

学校で先生の仕事をしています。

非常勤として授業したり、

出前授業で呼ばれて行ったり、

学校の先生でいる時には考えられなかった関わり方をしています。

先生しかできない、

先生じゃなきゃダメ、

って思っていた時は、想像すらしなかったことが起きています。

よく、かなえたいこと、実現したいことは、

「方法は考えなくていい」と言います。

方法を考えていたら、今の私ではなかったでしょう。

それよりも、やりたいことや目の前に来たことを

夢中になってやっていたら、

今の私になってしまいました。

結果として、

【教えること、成長をサポートすること】が私の仕事になっています。

だから、方法や結果が見えなくても、

やりたいと思うことがあれば、

それをひたすらやってみるのも大事だと思います。

やってみないとどうなるかはわからない。

思い通りとは違うかもしれないけど、

なんとかなる、満足できる結果になるものです。

そんなことを、今日ある人と話していて思い出しました。

思い出させてくれた彼女に感謝です。

【教えること、成長をサポートすること】

この原点を忘れちゃいけません!

読んでくださり、ありがとうございました。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!みこりんの無料メールマガジンです。

誰でもなりたい自分になれます!
読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪