お家読書会試行中〜〜お家から学びを発信!〜〜

マナビツナグヒトのみこりんです。

学校外で学びの場を作る。

その試みがお家読書会です。

私は、

Read For Actionのリーディングファシリテーター

でもあります。

読書を行動へ。

それはとても有意義な学びだと思っています。

テーマは、「腸」と「脳」です。

腸内環境を整えることで、「腸」と「脳」の力を高め、

「健康」「美容」「幸せ」を手に入れることをめざしています。

より、身近で楽しい学びの場とするための

こだわりが体験型の読書会というところ。

毎回、ミニレクチャーやワークを取り入れ、

多面的に学べるようにしています。

image

参加してくださった方の「腸」「脳」に関する課題は、
・直観力を高めたい
・仕事の効率を上げたい
・体調不全をなくしたい
・要領よくなりたい
・将来的にも健康でいたい
というようなことでした。

読んだ本は、
「おしゃべりな腸」byジュリア・エンダース(サンマーク出版)
「腸を温めると身体の不調が消える」by松井恒夫(青春新書)
「脳の強化書2」by加藤俊徳(あさ出版)
「脳が冴える勉強法」by築山節(NHK 出版新書)
「自分を変える習慣力」by三浦将(クロスメディアパブリッシング)

読書を通じての気づきは、
★大人の勉強には目標が必要である。

★やる気が起きないときは、全く違うことをすればよい。

★最高の目標が続けるための意欲になる、

三日坊主にならないためにはがんばりすぎないこと。

★腸内の細菌が身体を支えているので、過剰な清潔志向はよくない。

細菌のことをよく知り、バランスが大切である。

★ダイエットや断食は腸へのストレスになる。

食生活のリズムを崩さないこと、繊維質や腸を温める食物を摂るとよい。

image

ミニレクチャー&ワークとして、

思考分析ツールを使って、自分の思考の癖を調べました。

個々のデータから、自分はどんな刺激に反応しやすいのかが

わかりました。

私個人の結果からは、ほぼバランスがとれているものの、

偏りがある面にも気づきました。

私に合う腸活として

「習慣的にできることをし、たまには人に褒めてもらう。」

ことが考えられます。

読書から、習慣化のためには、

目標を持つこととがんばりすぎないことが

重要とも学びました。

image

まだ試行中ではありますが、

改善していけば良いものになるという

手ごたえを感じます。

じっくり、コツコツ、

読書を通した学びの場を作っていきたいです。

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪