自分らしく読み、書く、読書感想文のコツ〜表現を工夫する〜

こんばんは

マナビツナグヒトのみこりんです。

自分らしい読書感想文を書くポイント

4つ目は表現の工夫です。

自分の心に響く本を読み、

自分の心を動かす場面と出会い、

それを自分らしく表現するためには

表現する言葉を工夫したいものです。

ここは、ある意味テクニックが必要です。

今日は生き生きとした表現にするための

3つのテクニックを紹介します。

image

1.気持ちを生き生きと表現する

《楽しい・面白い》
ワクワクする!
ウキウキする!
思わず吹き出してしまった
「わはは」と大笑いした
《驚く》
ドキッとする
飛び上がる
心臓が縮む思い・・・
《感動》
胸がじいんとする
胸がいっぱいになる
涙ぐんでしまった
言葉が出てこない

 

2.会話を入れ生き生きと表現する

《引用する》
「〜〜」と◯◯が言ったことが・・・
「〜〜」という言葉から、・・・
《自分の考え、思い》
私は思わず、「〜〜」と言いたくなりました。
僕なら「〜〜」と言ってしまうかも・・・

 

3.例えを使い生き生きと表現する

まるで〜のような
雷に打たれたような
天にも昇る気持ちに・・・

*いわゆる慣用句を上手く使うのもコツですね!

KOKO85_techoukokoro-thumb-autox1600-15960
気持ちを表現する言葉、

これも本を読む中で育まれていくと思います。

お気に入りの表現を使って、

自分の気持ちを言い表してみると、

日常のコミュニケーションにも役に立つんじゃないかな。

感想文では、一番伝えたい思いを

どういう言葉で表現するか、

色々探してピッタリくる表現を見つけられると

より自分らしくなりますね。
読んでくださりありがとうございました。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪