夏休みは親子で〜通知表の見方②〜

こんばんは

マナビツナグヒトのみこりんです。

昨日の続きです。

通知表に書かれていることをどう読み取るか?

 

2.それぞれの見方

学習の記録はこう見る

・まずは、評価の仕方を確認しましょう。

何段階か、規準はどのくらいか、

例えば、A(90%以上)、B(70〜89%)C(70%未満)

というような規準です。

それを確認したら、その規準に照らし合わせて

見ていくとよいと思います。

もし、テストがほぼ100点なのにB評価であれば、

テスト以外の要因にマイナスポイントがあると考えられます。

それを確認することで課題が見えることがあります。

逆に、テストは芳しくなくてもA評価ということも

たまにあります。

これも同じように要因を探すと、

意外な強みが発見できるかもしれません。

お子さんと、ワイワイ話しながら、

強みと弱みを見つけてその対処法を練るとよいと思います。

 

行動の記録はこう見る

・私としては学習よりもここが気になります。

観点のどこが好評価なのか?

そこに学校生活での姿が垣間見えると思います。

例えば、責任感に◯・・・これはどう見ますか?

自分の役割をきちんと行うことと定義すれば、

係活動や自主活動のがんばりが考えられます。

宿題や提出物もきちんと守れていれば

ここの評価は高いのでそういう点も知ることができます。

なので、観点の意味が書いてあればそれをきちんと読んで、

お子さんの姿を想像してみてください。

 

所見はこう読む

・数字にできない事を読み取るのがこの所見欄です。

私は、総合所見は、学習面と生活面の両方の成果を

まず伝えるように指導しています。

その成果は、根拠があることが条件です。

ですから、文章で書かれていることには、

教師が実感していることや裏付けがあること

と捉えてよいと思います。

もう1つ、芳しくない評価がある場合は、

その理由と対応についても書くようにしています。

あまり悪いことは書かない・・・のが暗黙の◯◯

になっていることもあります。

ですから、かなり遠回し的な言い方をすることが多いです。

それを見つけたら、要注意と考え、

親子で対策を考えることが大切です。

image
私は子ども時代、成績が悪く、

通知表を見せるのがとてもいやでした。

「もらってない」と見え透いた嘘をつき

こっぴどく怒られたこともあります。

なので、あげる気持ちも貰う気持ちも

想像することができます。

できれば、親子でお子さんのがんばりを認め、

成果・課題から、その子自身の強みや弱みを見つける

一助となればと思います。

次学期に向け、夏休み中になにをしようか・・・

そんな会話の中から見つかれば、

きっと有意義な夏休みとなると思います。

以上、ほとんど私の経験と思いから書きました。

わからないことは、お子さんにきくのが一番です。

それもわからなければ、担任の先生とお話できるとよいと思います。

長文読んでいただきありがとうございました。

 

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪