7月は内省の月、水星逆行中の過ごし方〜50代からのセカンドキャリア〜

7月に入ってすでに11日目。

今更いうのもなんですが、

7月は内省の1ヶ月に決めました。

内省の1ヶ月に決めた2つの理由

内省しよ~って決めたのには、

2つ理由があります。

その1:水星逆行中は「再」が肝心

7月8日から8月1日まで、水星が逆行する期間に入りました。

私は占星術には詳しくはないのですが、

水星の逆行は個人的に影響があるものとして、

意識していることです。

この期間中は、物事が滞ることが多いです。

特に、情報やコミュニケーション、交通、

電子機器などへの影響が見られることが特徴的です。

だから、多少の不具合があっても、

焦らないように、ゆとりを持って過ごすことが大事です。

そういえば、昨日メルマガシステムがおかしくて、

サポートセンターに対応をしていただいたんだった!!
(まさに逆行中らしい!)

そして、この期間は

「再」を意味することを行うといいと言います。

うまくいかなかったことの見直しや修正。

再度やり直してみること、

再会した人とのご縁も意味があるようです。

私的には、

「本来の自分を見直し、整える」

そんなテーマがあるんじゃないかと思っています。

これは、「勘」ですよ。

その2:次のステージへの準備が肝心

昨年の6月に開業届を出し、

令和の時代になって、

よ~し、ここからがんばりどころ!

って思って活動して約2ヶ月。

たった2ヶ月の間に、

たくさんの学びがありました。

そこから必要だと思ったのが、

ビジネスステージに進むための基盤を作る

ということです。

なので、新たなサイトを作ってみたのですが、

なかなか時間が取れず、稼働に至っておりません。

そんなこともあり、

自分の情報発信と次のステージにつなげるための

準備期間を取ろうと思いました。

これはまさに、「再」に関すること。

見直し、修正、整えることなのです。

OSHOタロット禅カードが示したこと

水星逆行に入った日に、

「この時期、自分はどうしたらいいですか?」

と、OSHOタロット禅カードにたずねました。

その時引いたのがこのカードです。

大アルカナⅤ「NO THINGNESS」

我ながらすご~~~い

って思いましたよ。

まさに、内省です。

この「無」ってなんだろう?

を考えるのも重要だし、

「無」と思うことと向き合うのも重要だし。

カードの解説には、

「潜在能力」とも「始まる前」ともあります。

だから、「無」の次に来るものを考えると、

ワクワクしてしまうカードなんです。

ということで、

7月は自分と向き合い、必要な作業を進め、

新たなものを創り出す期間とします。

8月に入ったら、

また、楽しいことを始めていきたいな。

そのためにも今月は粛々とすべきことをします。

読んでくださり、ありがとうございました。