いろんな人がいる、いろんな働き方がある、どうするかを決めるのは自分だ。〜50代からのセカンドキャリア〜

今日は、歌舞伎座7月大歌舞伎の初日です。

前売りのチケットはすでに完売。

そうだ、幕見席で見ればいいんだ!

思い立って、行ってみたら、なんと長蛇の列でした。

え~、今日木曜日だよ~~。

勤めている時はわからなかったこと

学校に勤めていた時は、

カレンダー通りの勤務でした。

すなわち、月~金までは勤務日。

朝の8時から夕方の17時近くまでが勤務時間。

実際の勤務はそれプラス ”ん” 時間。

土日に仕事が入ることも珍しくなく、

その場合、平日に週給を取れることもありました。

長期休業期間は、比較的柔軟に勤務日を決められて、

平日のお休みを取ることもできました。

でも、普段は平日は勤務日。

たま~にお休みをもらえると、

それこそご褒美をもらった気分になっていました!

その頃、気づかないうちに信じていたことは、

「平日は働く日である」ということ。

場合によっては、休みの日が違う方もいるけれども、

それでも原則は働いている日なんだと思っていました。

でも、フリーになって、

平日街を歩くようになって気づいたのは、

「平日でも働いていない人がたっくさんいること」です。

 

いろんな人がいる、いろんな働き方がある

以前、立花岳志さんの講座で、

「自分が属している層以外にもいろいろな層があって、それぞれが違う価値観で生きている。」

という話を聞きました。

その時は、

「働いていない人もいるよな~」とか、

「昼間フリーな人がいるよな~」

くらいの認識でした。

でも、フリーになって、

出会った人たちは、

私が考えていたような単純な切り分け方とは違う、

本当にそれぞれが独自のスタイルを持ち、

固定的ではない働き方をしている方達でした。

一人で、経営者と契約の仕事、趣味の仕事を回している方もいて、

固定的な働き方しか知らなかった私には、

目からウロコが落ちるような、新鮮な驚きがありました。

そういう方々と出会うと、

私はどんな働き方をしたいのか、

どういう生き方をしたいのか、

考えさせられることも多くありましたよ。

自分の生き方は自分で決める!

今、何をしているのですか?

と尋ねられたら、

答えに悩んじゃいます。

一番近いのが、「起業中」です。

これは、自分の「業」を作っているということ。

「まだそれやってんの~?」と言われそうですが、

いろいろなやりたいことを、

どう組み合わせて「業」として成り立たせていくか、

考えながら実験中で、

「これです」っていうのが難しいんですよね。

毎日、あれを足して、こっちを削って、、、って考えながら、

その他に勉強やらちょっとしたお仕事をしているので。

スラッシャーという言葉があるので、

これに近いことをしているとも思っています。

その中で、自分がどうしたいのか、

それは、やっぱり自分で決めたいです。

これは究極の贅沢な選択。

最悪の時のリスクだけは覚悟して、

それがあれば、

チャレンジすることが、まだたくさんあります。

一つに決めるのも、もったいない。

これも、この年だからできることです。

今までの引き出しがあるからこそ、

あれこれ試せるのです。

もし、今の自分に不満を感じるならば、

違う生き方を求めているのかもしれないですよ。

その思いに気づいた時が、

本当に自分がしたい生き方を、考えるチャンスですから。

 

そうそう、今日の話。

幕見席は立ち見しか残っていないとのことだったので、

さっさと諦め、別日に出直すことにしました。

ここで思いついたのが、話題になってたクリムト展。

上野の東京都美術館が10日までということだったので、

目的をそちらに変更し、

帰ってからは、ランチワインを楽しみました。

こんな、自由がしたいから、

今の生き方につながったんです。

自分で決めたら、人生はそっちに動くんですね。

 

もし、自分の生き方、働き方に迷ったら、

魔法の階段セッションをお試しください。

日程や方法は相談に応じて設定いたしますよ。

読んでくださりありがとうございました。