休校期間のお家日課表を作ってはどうでしょう?

3月2日より全国の公立小中学校が休校に!!

先週末、このニュースがどれだけ多くの影響を与えたか、

どれだけたくさんの方の不安を煽ったか、

そして、

どれだけ、新たなサービスが生まれたか・・・。

私も一つ提案をします。

お家日課表を作ってはどうでしょうか?

家に1日中いられる、

学校に行かなくていい、

大喜びしているお子さんも多いことでしょう。

現在は一般家庭にもSNSが発達しているので、

外に行かずとも、

バーチャルワールドで友達と繋がることもできます。

現に、今打ち出している休校で自宅にいるお子さん向けのサービスは、

オンラインでの提供がほとんどです。

外で人と濃密に(?)接しないように、

という論を守るとなると、

また、公共施設も休館となると、

お家でのIT環境に頼るしかありませんものね。

そうなると、ちょっと心配なのが、

生活習慣、学習習慣の乱れ、

学力の不足です。

平常ならば、3月は学習の追い込みと、

1年間の学習のまとめの時期です。

ここで、しっかり復習することで、

次年度のカリキュラムへの移行を図るわけです。

それが、学校内では不可能となった今、

自宅での学習にその役割が求められていると言えるでしょう。

おそらく、どの学校でも、

家庭学習用の課題がどさりと出ていると思います。

しかし、それをどのように進めるかは、

家庭の判断によるので、

家庭でもカリキュラムマネジメント(のようなもの)が

必要になります。

だから、お家でも日課表を作ってはどうでしょうか?

というご提案なのです。

学校での日課表の役割

学校にも日課表があります。

これは何のためにあるかというと、

1年間で必要な学習時間を漏れオチなく確保するためです。

また、時間毎の学習内容をしっかりと行えるようにするためです。

小学校では1単位が45分、中学校では50分で

計算されています。

毎日5時間の授業がある学年だと、

1週間に25単位分の学習を行う。

その内訳を日課表に入れて割り振っているのです。

便宜的なものではありますが、

集団生活の場では、

一律にこの枠を決めることで、

誰もが守れ落ちないように

学習時間を確保できるようにしているのです。

もう一つ理由を挙げるとすると、

時間を見て動けるようにするため、

というものもあります。

学校によってはチャイムではなく、

時間を見て行動するところがあります。

1日の限りある時間を、

有効に使えるように時間を計って行動する習慣を

培っているのも理由の一つなのです。

お家日課表の作り方

では、お家でも

タイムマネジメントの一環として、

漏れ落ちなく学習を進める手段として、

日課表を作ろうとする場合のポイントをお伝えします。

ポイント1:基準を決める

基準とは、1時間を何で決めるのかということです。

学校では、1単位時間が45分です。

間に休み時間を入れています。

大体が、午前中に4時間、午後に1~2時間入れています。

お家の場合の単位時間をどうするかを

決めることが大事です。

また、時間ではなくて課題の量で決めるのも

一つの方法です。

例えば、プリントの枚数、ドリル等のページ数など、

一つの区切りとなる課題の量のことです。

ポイント2:内容を決める

内容を日課の中に当てはめていきます。

学校では、

午前中に思考や集中を要する学習を入れています。

それは午前中の方が学習の能率が良いという

考えから来ています。

午後はどちらかというと、

リラックスしてもできる内容を

選択することが多いです。

ご家庭の場合は、主要教科を行うことが多いと思いますが、

図工や読書、音楽、お家でできる運動があれば体育、

家庭科、外国語、探究的な学習など、

取り入れると

お子さんも楽しめると思います。

体を動かしたり、動画教材を使ったりできるのも、

お家日課表の利点です。

そうそう、Eテレを活用する場合は、

それを始めから日課に入れるというのもよくある手です。

ポイント3:お子さんが自分でも守れる内容にする

作る場合は、

その目的をお子さんと共有することが大切です。

多少のやらされ感はあるにしろ、

少しは自分のアイデアや希望が入っていた方が、

自分ごととして取り組めると思うからです。

まるっきり、学校と同じ必要にすることはありません。

何を重視するのかによって、

組み方も変わりますから、

その点をしっかり話し合って、

長い休校期間中も、

有意義に過ごせるようにしてほしいものです。

1ヶ月も休校ということは、

そうそう滅多にあることではありません。

この機会を上手に活用したいものです。

PDFの日課表、よかったら参考になさってください。

日課表

読んでくださり、ありがとうございました。

休校中も、子どもたちが安全で幸せな環境で生活できることを

心から願っています。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪