禅の学校 〜心の声を聴く時間〜

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

慌ただしい毎日、

自分らしさを振り返る余裕がありません。

だから、「禅」「瞑想」心を整える手段として、

生活に取り入れたいなと思っています。

でも、本を読んで実践してもよくわからない、

そんな時に出会ったのが「禅の学校」です。

禅で心を整える

1.禅の学校とは?

伝統的な「禅・瞑想」のメソッド、心理学や脳科学の

手法を学ぶことを通して、心にあるストレスやブロックを外し、

自分が本来持っている「才能」「可能性」を最大限に引き出す方法を学ぶ場。

まんが教育でご縁ができた松田純先生、マツダリエ先生

主催する学習会です。

毎月1回、2時間程度の講義とワークから成っており、

心を整える時間としての貴重な体験をいただいています。

2.心を整える3つのステップ

「数息観」という3つのステップを踏むことで、

心を整えることができます。

◯姿勢を整える:
背筋を伸ばし丹田を前に押し出すと、身体が地面に垂直になります。
この姿勢を維持し、ゆっくりと呼吸をしていきます。

◯呼吸を整える:
ゆっくりと息を吸う、吐くを1回と数え,それを繰り返します。
呼吸の数とリスムに集中し、雑念が浮かんだら手放します。

◯心を整える:
呼吸に集中するうちに、雑念が消え心もクリアになっていきます。
今ここに集中することで、何事にも囚われない状態を作ることができます。

このステップが意外に難しいのです。

手順通りにやっていても、私は雑念に囚われがちで、

なかなか集中できません。

その状態に気づくこと、雑念を次につなげないことに気をつけ、

集中できるための訓練が必要と思っています。

3.自分の行動を掘り下げて気づかされたこと

この日の自分の行動や,それを行っているときの気持・状態を

振り返りました。

その時々、「なぜそうだったのだろう?」と自分に問いかけると、

自分の思考や行動の癖が浮かび上がってきました。

そしてペアトークで思ってもいないことを指摘されました。

それは、「できる理由」も「できない理由」も同じだということ。

なので、できるかできないかを決めるのはその理由ではなく、

その時の自分のとらわれなのだと言うことでした。

目から鱗がぽろりと落ちました。


まとめ

時間がないを言い訳にして、

大事なものから逃げていた自分に気づきました。

時間が問題ではなく、私の心の持ちようや、捉え方に

問題がありました。

自分に向き合うことの大切さ、しみじみ実感しました。

これからも、「数息観」を実践し、

自分の心に素直に生きたいと思います。

読んでくださりありがとうございました。