真・ストーリーの法則:自分のストーリーを読み解くと、心から望むものに気づける

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

週末「真・ストーリーの法則」を受講しました。

まんがやドラマ、小説など、自分の心に残る大切な作品、

そこに自分自身の願いや希望が潜んでいます。

キャラクターやストーリーを通して受け取ったメッセージ、

その秘密を紐解き、自分が心から望むものに

気がつくことができました。

講座から得られたことは?

・自分の思いに気づく

 ◇自分が「何」をしたいと望んでいるのか?

◇それは「なぜ」なのか?

◇自分は「どういう人」でありたいのか?

そういうことを掘り下げていくワークをしました。

一つひとつ見つめ直すことで、自分が本心から願っている思いに気がつくことができました。

・自分のライフストーリーを描く

 3年間の出印象に残る来ごとを振り返りました。

Happy と感じたこと、Unhappyと感じたこと、

それを可視化し、感動につながることや、挫折と思えることなどを

チェックしていきます。

それらを整理し、秘密の質問を自分自身にすることで、

自分のライフステージの変化してきたことや

学び努力してきたことが、螺旋状の線としてつながり、

現在に至っていることを実感しました。

・夢の実現に向けて行動する力を得る

自分が望んでいるものに気づき、

それをやるべき理由が明らかになった以上、

あとは挑戦するしかありません。

それはとても恐いことだけど、

自分が見出した自分の才能や今までの軌跡が、

それをやることが当然であると訴えてきます。

そうはいっても、やっぱり足を踏み出せない自分がいるのも事実。

その恐れとも向き合いながら、行動する力を得ることができました。


まとめ

まんがや小説が心を動かすのは、

作品のテーマや登場人物の様子に、

自分の思いと重なるものを感じ取っているからだと思います。

自分の人生のストーリーにも、心の声が込められています。

その声を読み解き、自分の才能や使命を発見すると、

真に自分らしいストーリーが表れる、

今回の学びは今後の人生を決める、とても大きなきっかけと

なったと思います。

松田純先生,松田利恵先生に感謝です。

読んでくださりありがとうございます。