凹んだ時の処方箋〜自分のマイナスを知ることから〜

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

夕べの記事に、お友達から思いがけず

多くの励ましをいただき、

アウトプットすることの価値を実感しました。

「心と身体はつながっている」

これを知っていれば、

凹んでいても、落ち込んでいても、下降線まっしぐらでも、

自身を保つ助けになると思っています。

でも、その原因がなんなのか?

そこがわかっていないと、

却って誤った対処法に手を出してしまい、

ちっとも改善されず、さらに下降してしまうことも

考えられます。

たまたま手元にあった2冊の本をめくっていて、

心身ともにダブルパンチの原因として、

「無力感」

「脳疲労」

があることに気がつきました。

「無力感」とは、

「いくら努力しても、自分が置かれている事態に、何らよい方向への変化が生じそうにないと信じ、すっかり意欲を失っている」

ということです。

かたや、

「脳疲労」とは、

「自律神経の疲弊(ダメージ)が起きている状態」

ということです。
自己分析で恐縮ですが、

⑴自分の努力だけではどうしようもない現実との葛藤

⑵超時間勤務による自律神経の疲弊

この2つが重なったことが原因だとわかりました。
とすると、この場合の処方箋は、

⑴できることに焦点を合わせる。

 そこから生じる感情に振り回されずコントロールする技を身につける。

⑵自律神経の疲労を蓄積させないよう、効果的な休息をとる。

 予測される疲労に対応できる技を身につける。
ということかなあと思いました。

マナビツナグヒトがめざすことを実現させるためには、

まず自分自身が進化することが必要です。

凹んだおかげと

そのアウトプットからの励ましのおかげで、

処方箋が見つかりました。

まずは自己実現をめざさなければ!です。

完璧復調ではないので無理はしません。

自分を過信することなく、

マネジメントすることを心がけたいです。

読んでくださり、ありがとうございました。

【参考図書】

⑴「無気力の心理学」by波多野誼余夫・稲垣佳世子(中公新書)

⑵「すべての疲労は脳が原因」by梶本修身(集英社新書)