春夏秋冬理論で30年間を振り返る

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

「春夏秋冬理論」でいうと、

今は秋の季節に入ったところにいるそうです。

秋は、収穫の季節。

今までの成果が表れる、確認の季節だそうです。

ということで、

今日は今までの30年間の流れを振り返ってみました。

私は、どうも飽きっぽいようで、

毎年テーマが変わってます。

この1年は、何に力を入れているかという

キーワードがありました。

それでいうなら、今年は風穴がキーワードのつもりなんですけど、

どうなるかしらね?

そして一つ大事なことに気づきました。

節目節目に、重要な出会いがあったということ。

それは人であり出来ごとであり、或は物であったりもします。

でも、それが次の道につながるようになっていたことを

振り返ってみて気がつきました。

ということは、

今年の出会いにも意味があるということなのでしょう。

いずれにしろ、ありがたいことなのです。


自分という道にちょっと迷ったら、

「春夏秋冬理論」を試してみると

人生の流れが見えてくるかもしれませんよ。

こちらのサイトから、自分の季節を判定することもできます。

読んでくださり、ありがとうございました。

参考図書:「春夏秋冬理論」

「なぜ春はこない?」