天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

若い教師に伝えたいこと2 44/100

      2018/01/16

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

教師は専門職です。

では、その専門性とは何かというと、

「子ども」

「教える」

の2点に尽きると思っています。

これは、あくまでも私見ですが。

「子ども」に関しては

その特性への理解と

個や集団の力を発揮させるためのマネジメントが

含まれます。

これは、単に子ども大好きなのとは違うレベルでの、

子どもへの理解や造詣、想像力持ちつつ、

教育の目的を達成するために、

個人や集団の力を発揮させるべく

どう働きかけていくのかというところまで

含まれると考えます。

 

「教える」に関しては、

*何を・・・教科、単元、教材など

*どのように・・・指導、活用、支援など

についての知識や技能が含まれます。

教科や単元、あるいは1時間の授業で

どんな目的に到達すれば良いのか、

そのためにどんな教材を使ってどう学習を導くのか、

学習行為をトータルで捉え、

有効に進めていける技術が求められます。

難しいように思えますし、

実際に難しいです。

しかし、これらに尽きると捉えるならば、

集中してこれらを身につけることに

力を注げばいいわけです。


もし、指導がうまくいったのであれば、

これらを的確に活用できたからであり、

うまくいかない時は、

これらのいずれかが十分ではないと

考えればいいのです。

私も自分の指導を振り返る時、

「子ども」と「教える」ことについてを

考察するようにしています。

この2点を意識していれば

学習指導も生活指導も

目的から逸れることなく進められることが

多いからです。

読んでくださりありがとうございました。

 - 教育