天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

マインドフルネスを習慣にして見えてきたこと6-28

   

毎朝、15分間の坐禅が習慣になりました。マインドフルネスを味わう中で気づいたことがあります。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

毎朝、15分間の坐禅が習慣になりました。

があります。

マインドフルネスを味わう中で気づいたこと

①心の囚われに気づく

坐禅の最中に、様々な雑念が生まれます。

繰り返し、現れる雑念もあり、

そこから自分の心を占めている

ものの正体が見えてきます。

よく言われるのが、

過去の出来事に対する後悔、

未来への不安です。

私の場合は、

不安なことや気がかりなことが

多いです。

まだ、起きていない未来を

どーする、こーする?と

悩んでいることが雑念のトップです。

坐禅では、それに気づいて手放す

というプロセスを通じて、

雑念を留めないようにします。

あ、こんなこと考えてる!と、

もやもやが明らかになるのは、

この坐禅効果だと思います。

②悩みの解決がスムーズにすすむ

坐禅で浮かんだモヤモヤは、

先にもあげたような後悔や心配、

心をざわつかせるものたちです。

その不安を受け止め、

あとで対応を考えよう!と

自分と約束すると、

その場の念は離れていきます。

モヤモヤと心にまとわりつくものの

正体がわかると、

次の行動に移すことができます。

結果的に解決するので、

いつまでも悩まなくて済むのです。

③リラックスすることができる

坐禅をしている間は、

自分自身の時間です。

雑念が脅かしにはきますが、

1人で自分の呼吸や内面に集中していると、

自然とリラックスしてきます。

肩に力が入っているとか、

俯きがちになっているとか、

自身をスキャンして姿勢や呼吸を整えます。

それが、自分自身を労わることにもなるようです。

目を開けるときには、

リラックスして、

穏やかな心持ちでいられるのです。

坐禅の3ステップ

これは、松田純 先生の講座で教えていただいたことです。

代表プロフィール

禅の学校で学んだこと

ステップ1

調身:姿勢を正す

ステップ2

調息:呼吸を整える

ステップ3

調心:心を整える

これがマインドフルネス(今ここ)の

状態を作り、

ありのままの自分を内観することが

できるようになるそうです。

習慣化したものの、実は雑念まみれ、

それに気づいて、

クリアできるようになったことが、

1番の大きな成果です。

ざわざわに囚われがちな方、

試してみてはいかがでしょう。

読んでくださりありがとうございます!

3ステップについては、こちらからもどうぞ

http://micorin55.com/archives/633

 - リラックス ,