天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

禅でマインドフルネス体験〜自分の中心を意識する〜

      2018/06/16

こんばんは

マナビツナグヒトのみこりんです。

先月のことです。

「未来を作る禅ZENの学校」というセミナーで、

プチ禅体験をしてきました。

数息観の3ステップ

日頃雑念が多く、様々なものにも追われ、

自分が何を一番願っているかが

よくわからなくなってしまっています。

そこで、禅を通じて少しでも自分の心と向き合い、

願いを発見できたらいいなあと思っての参加でした。

image
そこでは、「思考」と「感情」から自由になる、

をテーマに、

数息観というものを学び体験しました。

1.姿勢を整える/正しい型を身につける

まずは、背骨を垂直になるよう姿勢を整えます。

2.呼吸を整える

呼吸を整えると、身体と意識が近づくのだそうです。

身体の中に、自分の意識を落とし込む感じかなって思いました。

3.心が整えられる

心がクリアになり、感情や能力が高まるそうです。
水面に映る月を想像してください。

水面に乱れがないと、ありのままの姿が

映し出されます。

しかし、水面が乱れていると、

月は光のチリのように、乱れた姿で

映し出されます。

中心を意識する

理論は、まだ難しいのですが、

感覚としてはなんとなくわかる気がしました。

それから、毎晩10分間、

数息観を実験しています。

できるだけ、深い呼吸で、雑念が入らないよう、

気をつけて入るのですが、

ふとした拍子に色々な念がよぎるのをなかなか止められません。

それに気づくと、できるだけ捨てて、

また一心に戻るように訓練中です。

image
10日ほど続ける中で気づいたこと。

◯仕事のことやタスクのことがなかなか頭から離れない。

◯自分の中心がもやっとしている。

◯呼吸の数が少なくなってきた。

実は、7つの習慣の授業での問い

「あなたの生活の中心は何ですか?」

とこの訓練中の問いが重なります。

「私の中心はなんだろう?」

余念が、するりと中心に入ると、

そればかり考えて過ごしてしまいます。

そういう実感もありました。

余念、雑念に囚われすぎないことを意識したとき、

初めて中心にあるものへと意識が向きました。

まとめ

まだクリアになる段階に届いていませんが、

この訓練を通して、自分を見つめる習慣を

つけたいと思っています。

読んでくださりありがとうございました。

お知らせ

*みこりんと一緒に学びませんか?
よかったらこちらもご覧くださいね。

☆マナビツナグヒトのチャンネルページ作りました。

登録はこちらからどうぞ

「元教師の経験から、若い教師に必要な力を語ります。」

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw?view_as=subscriber

 - リラックス