天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

腸・脳力アップ読書会〜実は多忙な日々、ちょっとでもできる改善めざして始めたものです〜

   

おはようございます

マナビツナグヒトのみこりんです。

「腸脳力読書会」なるものを始めたきっかけ、

それは自分自身の生活改善のためでした。

昨年から学校管理職となり、

想像以上の種類、量、責任を伴う業務に謀殺され、

干涸びたような日々を送っていた時、

たまたま見ていたテレビ番組で「菌活」をいう言葉を

知りました。

取材を受けていた「菌活」者は、

麹を自分で作ったり、ヨガ教室を開催したり、

結構進んだ取り組みをされていました。

そこまでは、できないけれど、

なにか腸に良い事をすれば、

こんな毎日でも健康を害さずにいられるんじゃないかって思い、

図書館、書店で「腸」「菌」をキーワードに本を探し、

読みました。

img_5531

読みながら、手軽に取り入れられる事があることを知り、

興味があること、できること、から

腸活を始めました。

たくさんの本を1人で読むのはもったいないので、

カフェで一緒に読もう!と友達を誘い、

なんとなくこの読書会が始まりました。

img_3465
専門家でも研究家でもない私ですが、

その過程で多くの腸に関する本を読みました。

「脳」との関わりにも関心を持ち、

「脳力開発」も一緒に加えた読書会を行ったのが、

「腸脳力読書会」となったものです。
困ったことにお仕事は益々増えるばかりで、

働き方の改善にはなりません。

読書会を継続するのも大変で思うようにすすみません。

でも、こんな状態でありながら、

仕事はそこそこ順調で、

お休みも充実していて、

ちっとも病気になりません。

ヤバい・・・という時は

腸と脳から届く信号をカラダが気づいて

ケアできています。

img_5524

始めてから1年が経ち、

日本のお母さんの食を大切に伝えようとしている友達と、

お食事付きの読書会をすることになりました。

お家から飛び出しての冒険です。

きっと私も天才のたまごです。

今回一緒に読める方たちの役に立つ読書にしたいです。

では、今まで読んだ本の中から、

何冊かをピックアップして紹介します。

気になる方は、この続きもどうぞ。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

img_7655
「腸内革命」by藤田紘一郎
(海竜社)
「腸内フローラ」by藤田紘一郎
(宝島社)
*2冊とも東京医科歯科大名誉教授の藤田先生の著書です。
藤田先生は、寄生虫や感染免疫学を研究されており、
腸内環境を健全に保つことの重要性や、腸内細菌が果たす
役割について、多方面からアプローチした本を多く著されて
いらっしゃいます。
この2冊は、私が「菌活」を始めるに当たって、
基礎的なことを学ぶことに役立てた本です。

「一生医者いらずの菌活の始めかた」
by辨野義巳(マイナビ)
*著者の辨野先生は、40年以上にわたり、腸内細菌学・
微生物分類学の研究をされている方です。
本書は、菌活を始めるに当たって、摂取する菌によって
期待される効果が違うことを知ることができます。
私はこの本から、自分に合うヨーグルトを探し、
現在に至っています。

「腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラできました!」
by松本明子・監修:小林弘幸(アスコム)
*書店でもよく見かけるのはこちらの本ではないでしょうか?
タレントの松本明子さんの実体験と豊富な写真が
とてもとてもインパクトがあり「始めるぞ!」という
気持ちにさせてくれる本(ガイドかな?)だと思います。
実は、監修者の小林先生は便秘外来を開設されている方で、
自律神経に関する研究者でもあるので、
先生のアドバイスに私は惹き付けられて読みました。

「自分でできる腸内フローラ改善法 おなかの調子がよくなる本」
by福田真嗣(KKベストセラーズ)
*若き腸内環境研究者、と帯には書かれています。
最後の方は自分の研究について書いていますが、
そこまでは腸内フローラと細菌の関係や、
腸内環境をよくするための食生活などが
コンパクトにまとまっていて読みやすいです。

「おしゃべりな腸」byジュリア・エンダース
(サンマーク出版)
*腸を知れば、自分自身を知ることができる。
そんなアプローチから書かれた本ですが、
著者はドイツの研究家です。
ドイツの人も腸内フローラについて研究しているんだ、
と単純な動機で読んだ本です。
日本人の習慣とは若干違うのですが、
海外の方の「腸とのつき合いかた」を知る上で
興味深く読んだ本です。
以上、私見で選んだ本ですので、
さらにさらに興味を持たれたら書店や図書館で
自分に合う本を探してみてくださいね。

お知らせ

*みこりんと一緒に学びませんか?
よかったらこちらもご覧くださいね。

☆マナビツナグヒトのチャンネルページ作りました。

登録はこちらからどうぞ

「元教師の経験から、若い教師に必要な力を語ります。」

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw?view_as=subscriber

 - 未分類