iPhone、iPadで簡単に作れるYouTube教材の作り方研修をしました

休校が長引き、先が見通せない今、

ITを使って子どもたちとコミュニケーションをとる試みを行う学校が増えてきたようです。

元同僚からのお声かけで、

小学校で「YouTube教材」を作る研修をしてきました。

小学校で「YouTube教材」の作り方、教えてきました

先週の木曜だったか、、、

元同僚から一本の電話がかかってきました。

「みこりん先生、YouTuberでしたよね?」

そ、そうでした。

いや、あんまり自覚はないんですけど、

みこりんチャンネルとか、朝の会とかやってます。

電話の用件は、まさにそのこと。

学校でもYouTubeを発信したいんだけど、

どうやっていいのかがよくわからない・・・

というようなことで、

何を話したのかはよく覚えていないのですが、

「YouTube教材の作り方」研修を行うことになっちゃいました。

そうそう、

「iPhoneとかiPadがあればできちゃうよ。」

この一言が刺さったようです。

「それならできそう、、、と一気にハードルが下がった」

と言ってました。

電話があって、5~6日後には研修やってるって、

我ながらスピード感がすごいなあと感心してます。

今は職員が交代で出勤しているから、

ということで、5~6人に教えればいいのね、

って気軽に行ってきました。

そうしたら、他の学校の校長先生も見にいらしていて、

げげ、一気にハードル上がる!

と言いつつ、知っている方だったので

やっぱり緊張感なく研修しちゃいました。

はじめに、ざざっと講義をして、

40分くらいは実際に教材を作っていただきました。

私用の端末を使うことはできないので、

学校用のiPadを使ってのワークでした。

iPadのiMovieで編集するのですが、

ほとんどが始めて使う、というのにも関わらず、

さすが先生たちは、短時間で使い方も習得し、

1教材仕上げることができちゃいました。

楽しかった~~っと言っていただけて私もありがたい。

(でも、ちょっと密になっちゃったのが心配)

作業の後は、手洗いうがいをしっかりしましょうね!

iPhone、iPadで簡単に作れるYouTube教材の作り方

それでは、ここで

iPhone、iPadで簡単に作れるYouTube教材の作り方も

簡単に説明します。

これは、学校の先生たちが、

自分の学校の生徒さんたちに向けて作る教材の作り方です。

商業用とかブランディング用ではないことを

あらかじめお伝えしておきます。

主体は見る人である

作る前に、先生方に話したのは、

見る人が主体であることを意識してほしいということ。

YouTube教材は、見るものに強制を強いることはできません。

見たければ見るだろうけど、

見たくなければ見ない、という選択もあるんです。

だから、見る人にとってどういうメリットがある動画なのか設計して

作ることが大事なんです。

そのためのポイントが4つあります。

①見たいと思えるようなメリットがあるか

②見る人にとって、そのメリットが伝わる構成になっているか

③見た後に、なんらかの行動につながるようなゴール設定をしているか

④最後に何か得られるものがあるか

既存の動画教材のよさを生かす

動画教材は、

大きく捉えて2つの方法が見られます。

1つは、実演型。

これは、学習のプロセスがわかる、先生の顔が見えるというよさがあります。

反面、黒板の文字や図などが小さくてスマホなどでは見づらいこと、実演者のスキルが必要であることが課題となります。

もう1つは、プレゼン型。

こちらは、画面が見やすく記憶に残りやすい、顔が映らないので誰が作ってもいいというよさがあります。

反面、メッセージ性は弱い、見る方にとってのメリットが必要になります。

先生たちは、話すことは長けているので、

両方のメリットを組み合わせて作るといいと思います。

ただし、時間は長くしないこと。

1本を短く作って、数を増やすといいでしょう。

教材を作る手順

では教材を作る手順を説明します。

①企画をつくる

教材の目的、伝えたいことが何かをはっきりさせ、

それがどうすればよりよく伝わるか、内容を考えていきます。

全体の長さや、使う道具、場所、役割分担などもしておきます。

②フォーマットを作る

動画に使う型を作る、ということです。

例えば、表紙、見出し、終わりなどの型があると、

見ている方には流れがわかりやすいです。

また、作る方も、それに則っていくといいので

作ることに悩まなくなります。

③動画を撮影する

撮影のポイントとして、

・画面をシンプルにすること

・構図や明るさに注意すること

・人が喋る場合は笑顔を意識すること

・話すスピード声の大きさ、はっきりと聞き取りやすいようにすること

・間を入れると、印象付けに役立つ

④編集する

作った動画などのパーツを繋げる作業です。

タイトル文字を入れたり、アナウンスを入れたり、

音楽を入れてもいいでしょう。

いらない部分を削って、全体の時間を調整します。

iPadにはiMovieが入っているので、

これを使うとこの端末だけで完了します。

音楽を入れるときは著作権が発生するから、注意が必要です。

iMovieの中の効果音などは安心して使えます。

⑤YouTubeにアップする

完成した動画を、そこからYouTubeにアップすることも可能ですが、

学校の場合は、セキュリティの関係上、パソコンに一旦取り込むことがほとんどだと思います。

その場合、動画に落としてからパソコンに取り込み、そこからYouTubeのサイトに投稿します。

この時の注意点は、

公開スケジュールと公開の範囲をどうするかです。

特に、範囲は、学校関係者にしか見せたくない場合は、

限定公開にしてそのリンクを記録しておきましょう。

限定公開だと、リンクを知っている人だけが

その動画を見ることができるのです。

そんな流れを、YouTubeにアップしました。

最後に一言♫

完璧をめざさないことも大事です。

子どもたちのためにも、ぜひ挑戦して欲しいです。

私の動画もボロボロですが、

それでもめげずに公開しています。

やっていくことでわかること学べることもあるはずです。

今、自宅学習中の子どもたちは、YouTubeをかなり見ていると聞きます。

既存の動画とは違う、先生ならではの動画を

子どもたちにプレゼントしてはいかがでしょう。

オンライン講座だってやってみるといい!

オンライン講座、、という選択肢もあるでしょう。

それだって、わからない、、という前に、

何か自分で受けてみるといいですよ。

今は、あちこちでオンライン講座やっていますから。

動画教材との大きな違いは、

双方向のコミュニケーションをしながら学べるということです。

私の先生向けコーチング講座は

4月中は3000円を1000円で提供しています。

コーチングの知識やスキルを学ぶとともに、

オンライン講座とは?を体験することもできますよ。(宣伝です、笑)

この期間、できることをコツコツやっていきましょう。

読んでくださり、ありがとうございました。

コーチングを学びませんか?

コーチングスキルを身につけると、

コミュニケーション力のアップや、

自分の思考の整理に役立ちます。

仕事でもプライベートでも

どんな場面でも役に立つスキルです。

先生向けの講座はこちらに詳しい案内を書いています。

先生じゃないんだけど、、と言う方もお問い合わせくださいね。

普通にコーチングについて学びたい方は、

コーチングプレイス の6ヶ月講座もオススメです。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪