私って「大変?」「忙しそう?」

こんにちは(連投!)

マナビツナグヒトのみこりんです。

「教頭先生って大変そう」

「お忙しそうですね」

という声をよくかけられます。

たしかに、忙しい時も大変な時もあります。

教頭の職務は「学校教育法第37条」において規定されたところでいうと、

◯校長を助け

◯校務を整理し

◯必要に応じ児童の教育を司る

という3つです。
私が具体的にやってる仕事をあげると、

「職員の服務に関すること」

「施設・設備の保全や管理に関すること」

「学校会計に関すること」

「特別支援教育に関すること」

「教職員の人材育成」

「ホームページ、スクールメールによる情報発信」

「地域の町会や団体との連携」

「PTA業務を含む保護者対応」

「各種文書処理」

「児童の安全確保に関すること」

「家庭教育に関すること」などなど。

あげていくときりがないのでここまでにします。

業務範囲が広く、かつ、その量も多い(不要と思えるものも含めこと)。

そのうえ、朝早くから夜遅くまで学校にいる時間が長いこと。

電話や来客がひっきりなしである(ほとんどアポ無しです)こと。

困ったことはすべて教頭の仕事になること。

もあり、それらが見た目に大変と思われるようです。

人や学校によって、違いはあると思うので、

これが教頭の仕事のスタンダードというものではありません。

それに人から「大変」「忙しそう」と言われるほどでもないと思ってます。

(多分、本当に大変なのはここには書いていないことです。)

できれば、「教頭先生、いつも大変そうですね」よりも、

「教頭先生、いつも楽しそうですね」と言われたい。

なのに、最近は眉間に皺が寄ってることが多いんだろうなあ。

むしろ笑い皺を増やすことに力をいれたいわ。

読んでくださりありがとうございました。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪