点と点がつながって未来への道をつくるのだろう〜平成30年の振り返りとポスト平成を見据えた今ここ〜【50代のセカンドキャリア】

平成30年間を振り返りました。

そして、今自分がしようとしているものやこと。

それらに見えた共通点は、

未来への道を示していると感じられました。

平成の30年間を振り返る

自分がしてきたこと、興味を持ったこと、身につけてきたこと。

たくさんたくさんあって、

それらが今の自分を作ってくれたんだなあと思うと、

この30年がありがたくて愛おしいです。

今までの経験はちゃんと未来につながっていく、

そういう道筋が見えてきました。

故スティーブ・ジョブズの名言があります。

「未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。」

平成の時代は、教員生活とほぼ重なります。

仕事と趣味に明け暮れた30年間。

そこに、私の原点があったんだと思います。

春夏秋冬理論、秋三年目の意味とは

春夏秋冬理論でいうと

私は今年から秋3年目に入りました。

秋3年目のテーマを一言で言うと、

「目先の判断にとらわれず、いまこの瞬間を楽しむ」です。

これを噛み砕くと、次のようになります。

「思い込みや、打算計算を捨て、流れに身を任せる。

自分の無限大の可能性を信じて、目の前に起こる現象はすべて必要なことだと捉える。

人生という一度きりしかない旅の中で、意図しない必然の出会いを楽しみ味わっていく。」

^~春夏秋冬理論」by萊夢・神田昌典(実業之日本社)P65より引用~

ここ10年間の一連の流れを、

次のステージへの転換へとつなげるのが、

昨年と今年の動きなのではないかと思います。

もし、今でも学校の教員を続けていれば、

次の12年間の見通しが見られなかったと思います。

思い切って飛び出したからこそ、

次のステージが見えてきました。

そして、それは今までの10年間、

いや教員生活の30年間の中に、その種となるものがあるはずです。

それを収穫として十分に受け止めて、色々試してみて、

次のステージに残せるものを見つける1年になるんだろうなあと

そんな気がしています。

平成が終わり、新たな時代が始まるときに、

自分自身のキャリア転換が重なるとは、

なんて幸運なんだろうとワクワクしてきます。

今ここ(これからしようと思うこと)は全てがつながっている!

今日は、振り返りと今ここを描いてみました。

そうしたら、それらのつながりが見えました。

あれこれ試行錯誤の2018年、

何か1つに絞ったほうがいいのではないかという思いを持ちながらも、

心のままに、好きなことや興味を惹かれたことに取り組んできました。

主なものをあげても、

レゾナンスリーディング 、ユメカキ☆NOTE、コーチング、ビリーフリセット・カウンセリング、ブログ、YouTube・・・。

こんなに手を出して、バラバラなことをしていて

私は一体何をしたいんだ???

って思うこともありました。

しかし・・・見つかったんです。

その共通点。

それが、

「可能性を引き出す」ことであり、

「才能を伸ばす手段」を手渡すことです。

つまりは、エデュケーション本来の意味でもあります。

だから、自信を持って「今ここ」に取り組んでいこうと思います。

明日は春分の日です。

その前に、今年1年の方針が決まりました。

「今ここ」を精一杯!です。

平成の振り返りと「今ここ」の点をつなげると、

自分の未来への道が見えてきますよ。

読んでくださり、ありがとうございました。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪