「心のキャリア教育」ユメカキ教育とはどういうものなのか、なぜ必要なのか。

2020年度の新学習指導要領本格実施(中学校は2021年度より)となります。

それを受け、学校現場で何が変わるのか、

特別活動に位置付けられた「キャリア教育」とは何を目指しているのか。

それらについてお伝えし、

子どもたちが未来を生き抜くために必要な力とは何かを話し合う講座を開催します。

私が、ユメカキ教育として、

昨年度実施した事例とそのツールを一部体験していただくことで、

よりキャリア教育において「心」を育む視点が必要なことを

実感していただければと思っています。

2020年度から教育が変わる

2020年(中学は2021年)に新学習指導要領が本格実施となり、

それに伴った数々の改革が、

現在学校教育現場で進められているのはご存知ですか?

小学校3年生から外国語を学ぶのも、

学校でプログラミングを学ぶのも、

道徳に評価がつくのも、

全てこの学習指導要領に基づいているのです。

その改革の1つに、「キャリア教育」というものがあります。

今までも、「将来なりたい仕事調べ」や「家庭の仕事体験」や「地域の仕事体験」など、

生活科や総合的な学習の時間を使って、学校独自に行われているものがありました。

これらは、「勤労意欲」「社会の中での役割の自覚」「就業への意欲、知識・技術の習得」などを目的として行われてきました。

学校により、方法や目標は違ったと思います。

「職業体験」をやっている学校もあればやっていない学校もあるのはそのためです。

これが、新学習指導要領では特別活動という領域で、

「一人一人のキャリア形成と自己実現」として、

正式に位置付けられることになっています。

小学校1年から中学校3年生まで、

「キャリア形成と自己実現」を核とした教育活動が、「キャリア教育」です。

「心のキャリア教育」とはどういうこと?

楽しいイラストを使って、イメージを可視化し、

ストーリーから自分の才能や内なる思いに気づくことで、

自分の夢実現のための行動をデザインするキャリア教育の手法です。

簡単なイラストと言葉を組み合わせることで、

言葉にすることが難しかった自分の思いや気持ちを表現し、

相手と共有することができるようになります。

ユメカキキャンバスという1枚のワークシートがあるのですが、

ここに、手順に沿って、色を塗ったり絵や言葉をかいたりするだけで、

次のような効果が見られるのです。

・自分が解決したい課題について整理できる。

・自分の価値観や、自分を動かすエンジンについて気づくことができる。

・課題解決に向けて、実現可能な行動計画を作ることができる。

これは、自分がどうなりたいのか、どうしたいのかを、

自分の本心とつながって実現させていくためのツールともなります。

もちろん、大人の方にとっても効果があるものです。

そして、子どもにとってもこの効果は絶大です。

心のキャリア教育では、このメソッドを使い、

子どもたちの今から将来に向けたキャリア意識や活動への意欲を高め、

自分についての理解をも深めることが可能になります。

2018年度は、全国の公立小・中学校で約1000人の児童生徒さんに体験いただき、

夢中になって活動する姿が見られました。

私が、心のキャリア教育「ユメカキ教育」を、学校現場で行いたい理由

2018年は元勤務校も含めて、

小中学校合わせてのべ7校、約650名の生徒に「心のキャリア教育」として、

「ユメカキ☆NOTE」を使った授業を実践してきました。

私が教員時代、子どもたちの

「どうせ・・」「オレ(私)なんか・・・」「無理~~~」

という言葉に、なかなか自分を認められず、自信を持てない辛さを感じていました。

そういう子どもたちに対して、「自己実現」をさせるのはとても難しい。

その前に、自分の良さに気づく、自分の気持ちを表現する、自分ができることを実感する、

そういうプロセスが必要だと思っていました。

しかし、この授業を実施すると、

どの学校の子どもたちも、明らかに変わっていきました。

「今まで自分の夢が叶ったらということはかんがえてもいなかったし、夢はどうせ叶わないと思っていました。今は、自分の夢が叶ってどんな人が幸せになるかわかり、夢に向かって努力していこうと思います。」(小5男子)

「授業を受けて、自分に自信がついた。私はすぐにあきらめることがあるので、あきらめない!というようになったところも変わりました。」(小6女子)

アンケートからも、このような声を拾うことができました。

「心のキャリア教育」ユメカキ教育を体験していただける講座を開催します。

私が時々開催してきた「ユメカキNOTE」講座。

こちらを体験いただいた方には、

このメソッドが子どもたちにも効果があることは

納得いただいています。

また、授業を見学された方や、体験講座を受講した方から、

「わが子のいる学校で実施できないだろうか。」というご相談も

ポツポツ増えてきました。

ただ、まだ新しいメソッドなので、

ご存知ない方も多いですし、何をやるのかピンとこないという方も多いと思っています。

そこで、体験講座を開催するのです。

体験講座で得られることは次の6つです。

①新学習指導要領について大体の概要を知ることができる。

②キャリア教育について大体の概要を知ることができる。

③これからの子どもたちに育みたい力について知ることができる。

④「心のキャリア教育」について小中学校の実践事例を知ることができる。

⑤イラストを使ったコミュニケーションを体験することができる。

⑥参加者同士の交流や情報交換ができる。

学校の先生はもちろんですが、

保護者にもこの講座を体験していただきたいと考えています。

短い時間ですが、講義、ワーク、ダイヤログを通じて、

これからの子どもたちに必要な教育について学び会える場にしていきます。

読んでくださり、ありがとうございました。

講座の開催概要は以下の通りです。

日時 6月22日(土)14時30分~16時30分

会場 神田駅近辺の会議室(詳細は参加者にお伝えします)

定員 教員・親及び教育に関連したお仕事をされている方10名

参加費 3240円

詳細・お申し込みはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ等ありましたら、こちらからもお願いいたします。