十人十腸!心と身体の元気は腸次第です

こんばんは。

マナビツナグヒトのみこりんです。

今日も10分間リーディング。

レゾナンスリーディングの手法を使って

読書&アウトプットの4日目です。

時間があったので、

専門書を読もうと思ったのですが、

頭に入ってこない・・・・。

著者との波動が合わなかったんだなあ・・・と

違う本にしたらこちらはスイスイ入ってきました。

それが、

「自分でできる腸内フローラ改善法 おなかの調子がよくなる本」

by福田真嗣

「心も身体も元気になるにはどうすればいい?」

と問いかけて読みました。

image

◯うんち=腸内の情報の宝庫

うんちには腸内フローラの遺伝子や、

代謝物質の情報などが書き込まれた

究極の個人情報。

これを活用すれば、

健康状態、病気のリスク、

さらには個にあった健康改善法まで

わかってしまうそうです。

りっぱなうんちは、りっぱな心と身体の証拠です。

バナナのような、大きさ、形、色がベストなんだそうです。

 

◯腸内フローラのバランスが心身の健康の決めて

腸は第2の脳と言われます。

腸内環境がよいとセロトニンも多く生産され、

それが脳の活動にも影響を与えます。

美肌を作り、アレルギーも軽減すると言われます。

健康は内側から作られます。

そのためにも腸内細菌が喜ぶ食事が大切。

よい食生活を心がけることが、

すなわち心と身体の健康、そして美容にも

影響するのです。

 

◯オンリー1からナンバー1

著者さんは、

腸内改善をめざしオンリー1の研究を続けているそうです。

腸内細菌は、一人ひとり違います。

誰にでも合う腸内環境を整える方法はないことから、

自分の腸内から取り出した細菌を使った健康法を

研究しているそうなのです。

つまり腸はオンリー1

それをふまえ、ナンバー1にする腸内改善法が

見つかるとよいですね。
昨年末から腸活を続けて来たので、

本書も違和感なくするする読めました。

腸内改善に関しては、

様々な研究者により、切り口はそれぞれ違っても、

腸内細菌のバランスをとる大切さは共通しているようです。

私も自分に合った方法で、

ナンバー1の腸を作ります。

心も身体も健康でいるために!
読んでくださってありがとうございました。