銀座レカンで非日常を味わう 57/100

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

昨年の今頃、

友人と約束をしました。

「来年は、年末に銀座のレカンで

 ランチを食べよう!!」

そして、それを実行してきました。

日頃は忙しくてなかなか会えない

同職の友人2人と

1ヶ月前から予約を取って

銀座レカンへいざ〜。


今回いただいたのは、

8500円のコースでした。

アミューズ3点(冷2+温1)

魚料理1品(「エイヒレのカスべ」とか言ってたな?)

肉料理が1品(イベリコ豚のグリルにマデイラソース」って言ってたな?)

デザートは選び放題(私は3品組み合わせで)

コーヒーはお代わりし放題(3杯飲んじゃった)

最後にお茶菓子(これも欲しいだけどうぞでした)

それに、グラスのシャンパンが2500円。

税とサービス料を入れて、

計13000円ほど、

普段のランチの値段に比べたら

超お高いー!!

 

それでも、ランチに13,000円を払う、

という価値観を持てるかどうかは

とても大きな違いだなと思います。

以前の私でしたら、

絶対無理!

ランチどころか、ディナーでもそれ高すぎって

言ってしまうと思います。

しかし、今回実際に、レカンランチを体験して、

その壁を軽く乗り越えた気がしました。

今の私なら、

「ランチに10,000円、それもいいんじゃない?」

 てすんなり言えそうです。

なぜなら、

周囲の人が気にならないくらいの

ゆったりとした空間で、

熟練のギャルソンから丁寧にサービスを受けながら、

ゆっくり、じっくりと

食べること、飲むこと、そして語らうことに

集中できた贅沢な時間(3時間以上いたぞ)は、

美味しい料理の価値以上に、

満足できる経験だったからです。


高いには高いだけの理由があります。

そのサービスを心地よく感じ、

受けられた自分のことが、

ちょっとした自信にもなりました。

贅沢を受ける自分にOK!を出せたということです!!

非日常だと思っていた高級レストランが

私の領域に加わったのです。

帰り際、

来年もまたここで年末ランチをしようね!

って友達と約束をしました。

次はもっと気楽に来られそうです。

それどころか、

年に1度ではなく、

もう1度増やしてもいいかなって

気持ちにもなっています。

そのためにも、

このサービスを受けるにふさわしい自分であろうと

来年に向けて自分に誓いました。

さあ、がんばらなきゃ!!

来年の私がどうなっているのかも、

とっても楽しみになりました。
読んでくださりありがとうございました。