天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

「絶対に成功を呼ぶ25の法則」by J・キャンフィールド〜25日間チャレンジその3〜

   

「絶対に成功を呼ぶ25の法則」チャレンジ3日目は法則3の「本当に欲しいものを明確にしよう」です。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

ミッションは、「世の中に子どもの笑顔を増やすこと」です。

「絶対に成功を呼ぶ25の法則」チャレンジ3日目は

法則3の「本当に欲しいものを明確にしよう」です。

他人のではなく自分の夢を追い求める

「あなたの夢はなんですか?」

「あなたが心からしたいと思っていることはなんですか?」

これらの質問にスラスラと答えられる人は

それほど多くはないと思います。

小学生でも、「夢」や「したいこと」をきいても、

「無理だし」「できっこないし」と本心にブレーキをかけ、

「何が夢かわからない」と答える子が多いです。

私もそうでした。

教員の仕事は天職だろうなあと思いながらも、

「本当にしたいことはなんなの?」

ってずっとずっと思い悩んできました。

今、あなたが望んでいることは?

という問いに答えられるようになりましたが、

そこまでいくのに時間がかかりました。

どうすれば、その答えを取り戻せるのか?

まずはどんなときでも、自分が「好きな方」を選択することから始めてみましょう。

選ぶ対象の大小は問題ではない。

どんな小さなことでも些細なことと思わないこと。

他人には重要でないことも、あなたにとっては違います。

「好きな方」を選ぶことは、非常に重要なことなのです。P47

「理想とする生活のビジョン」を描こう

本書は、「自分が今いる所から、望むステージへどうやって到達するか」

その行動法則について書かれた本です。

ですから、「望むステージ=ヴイジョン」を

明確に描く必要があるというのです。

それがはっきりしていれば、脳内のGPSが、

自分をそのゴールに導いてくれるというのです。

ヴィジョンをイメージするときに気をつけることは、

2つあります。

1つは、詳細に描写すること。

もう1つは、人生のあらゆる要素のバランスが取れたものにすること。

そこで、次の7つの分野を1つずつイメージし、

ヴィジョンを描くことが大切です。

①望む生活の経済面

②理想的な仕事や経歴

③レクリエーションと自由な時間の使い方

④健康とフィットネスの理想的な姿

⑤家族や友人たちとの人間関係

⑥私的な目標

⑦地域社会への貢献

詳しいポイントや、描き方については、

本書に書いてあるので気になる方はお読みください。

焦って作るのではなく、

時間をゆったりとかけて、

落ち着いた場所で心を整え、

本心に問いかけながら描くとよいようです。

まとめ

私が「本当にしたいこと」は、

仕事を辞めてから見つけることができました。

日頃の業務や生活に追われる中では、

思考はそちらに向かうので、

心の声を聞くことが困難でした。

おまけに、一人ではできず、他の人の力も借りました。

「自分の本当の望み」に沿った生き方をする、

そのための時間と環境を作り、やっと見つけたのです。

チャレンジ3日目は、今一度、7つのカテゴリーをチェックし、

ヴィジョンを描こうと思います。

読んでくださりありがとうございました。

「絶対に成功を呼ぶ25の法則」

byジャック・キャンフィールド(小学館)

「したいこと」を見つけたときのことを書いたブログです。

http://micorin55.com/archives/4548

 - チャレンジ, リーディング, 起業 ,