天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

心とからだと言葉の関係

   

おはようございます。

マナビツナグヒトのみこりんです。

ちょっと記事を書くことができませんでした。

思いは色々あるのですが、言葉がちっとも出てこない・・・。

当たり障りない会話、仕事上の会話ならいくらでもできるのですが、

自分の心と対話するための言葉が出てこないのです。

正直、戸惑ってました。
なんでかなあ?と思考を巡らせたどり着いたのが、

「は虫類脳」です。


先日、市内の学校に配られる情報紙にこんな言葉が載っていました。

「からだを開く」

〜なかなか言葉が出てこない、言葉が入りづらい、

そういうお子さんはきっと不安と緊張で身体が強ばっている。

だから安心できる環境の中で、

「からだを開かせる」ことが大切である〜というようなことでした。

それを読んだ時に妙に納得をしたのです。

今の自分はからだが開いていない、閉じているんだって。

img_5353
リード・フォー・アクションの読書会や、

アクセラメンツの要素を取り入れた加速学習では、

始めの段階で「解放」という心の強ばりをほぐすステップを行います。

それが、「は虫類脳」への働きかけ、

つまり、恐れを抱いて警戒している脳の中のは虫類を

安心させ警戒を解くこと、そしてその奥の感情や好奇心などを

呼び覚ますためのステップなのです。


色々とハードなことが続き、

本能的に自分を守ることに意識が集中し、

自分の思いに目が届かず、

自分の心の声が聞こえない、

そういう状態だったのかもしれないなと思いました。

もし、自分の声や他人の声が心に届かない時は、

「からだが開いていない」

「は虫類が警戒している」

ことを考えてみてください。

幸い私の場合は、

友人達と美味しいものを食べ、おしゃべりに耳を傾け、

大笑いすることで、強張りをほぐすことができました。

img_1212

「からだが開いていない」

「は虫類が警戒している」

に陥るのは自然な反応なので、

置かれた状況の中では避けられないことが多々あるでしょう。

でも、それをほぐす術を持ち、「は虫類」に支配されないよう、

気をつけることはできると思います。
読んでくださり、ありがとうございます(*^_^*)

 - リラックス