天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

満月で気がついた最上志向の落とし穴

   

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

先日書いたストレングスファインダー。

自分を知る最強ツール:ストレングスファインダー

上位の資質の中に「最上志向」というものも

あります。

これは、よりよい成果を求め、もっともっとと努力できる資質です。

妥協せず、いまいちな状態をよしとせず、最高の物を求める、

これがあるからこそ、常に自分を向上させようと

がんばることができるよい資質です。

しかし、この資質には落とし穴があります。

 

それにはまっていることに気がついたのが、

満月の11日でした。

満月の日は、達成と感謝の日。

新月にたてたお願い事が叶っているかどうかを確認し、

それが進んでいたら感謝して、

進んでいなかったら方法や方向性を見直すとよいのです。

私も、

お願い事の進捗状況を確認したら、

自信を持って◯をつけられるのは1つか2つ。

でも、×なのも1つか2つ。

あとは、△・・・・。

達成できているか自信がないものが半分以上ありました。

これはどっちなんだろう?

よくよく考えると、

結果はどうあれ進んでいることに気がつきました。

進んでいるけど思うような結果ではないから、

自信がない、ということでした。

進み具合ではなくて出来具合で評価をしていたのです。

その出来具合も、理想の状態を描いていたので、

こんなんじゃダメ!

とせっかくの前進も受け止められなかったのです。

これが「最上志向」の落とし穴。

常に最高!を考えるばかり、

そこに至るまでのプロセスではなく結果に目を向け、

最高でないと、「ダメダメ」って責めてしまうのです。

最上志向の落とし穴から出て、

進み具合を見てみると、

あら、なんだか進んでいるじゃない!!

と△を◯に書き換えることができました。

これはあくまでも私の落とし穴です。

人によって出方は違いますが、

この資質はたまに間違った方向にも働いてしまいます。

私のように・・・。

なので、資質を知ったら、

それが自分にどう影響をあたえているのかも

知っておくとよいと思います。

穴にはまって出られたのも、

資質の癖を知っていたからこそです。

改めて、達成したことを感謝し、

そんな穴にはまりがちな物の見方を手放しました。

(紙に書いてビリビリ破り捨てるといいそうですよ)

成果ではなくプロセスを評価、

がんばっている自分を認めることができた満月でした。


読んでくださりありがとうございました。

お知らせ

*みこりんと一緒に学びませんか?
よかったらこちらもご覧くださいね。

☆マナビツナグヒトのチャンネルページ作りました。

登録はこちらからどうぞ

「元教師の経験から、若い教師に必要な力を語ります。」

https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw?view_as=subscriber

 - チャレンジ