棚からぼたもち〜当たり前の行動が奇跡を導く〜

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

先日、中学校の入学式で、PTA会長の挨拶の中で、

「棚からぼたもち」という話がありました。

本来の意味は、「偶然により幸運が転がり込む」というものです。

しかし、会長が話したのは、

『偶然に棚の上にぼたもちがあるとは考えられない。』

『偶然に棚の近くを通ることも考えられない』

『おそらく、神棚を毎日掃除してお供えをする、という行動を続けたからこそ起きた幸運ではないか。』

『当たり前のことを、当たり前に続ける、幸運はそういう行動が呼び込むのだと思う。』

ということでした。

故事成語としての正確さは置いておいて、

うまいことを言うなあ〜と思いました。

『当たり前のことを当たり前にする』

これほど難しいことはないと思っています。

でも、その行為がないと、いくらよい力を持っていても、

それを伸ばしたり、発揮したりする場にいることはできません。

中学生は、様々な学習や体験を通じて、

今まで気づかなかった能力に気づき、化けることも可能なのです。

だからこそ、このメッセージだったのかなと思います。

「棚からぼたもち」に託された、期待と励ましに感動!!

読んでくださりありがとうございました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶