子どもの遊び方が悪いっていうけど、遊んで成長するのが子どもでしょう?

マナビツナグヒトのみこりんです。

学校に寄せられる苦情電話、

その中に子どもの遊び方に関することがあります。

 

「道路でボール遊びが危ない。」

「大声で叫んでいるのがうるさい。」

「人の敷地に入ってくるからなんとかしてくれ。」

「公園にゴミを捨てていくからもう公園で遊ばせないで。」

「自転車の乗り方、停め方が悪くて迷惑。」
その度に教師が出動します。

そして、子ども達と話をします。

話をするとある程度はわかり行動を改めます。

遊び方が気になるなら注意してくれればいい、

でも、

「何をされるかわからないから・・・」と

電話する方はおっしゃいます。

子どもからすると、

「注意されないんだからこのくらいはやってもいいんだ」と

思ってしまう時もあります。

image
「悪い」と思いながらその行為を見過ごし、

学校にその指導を求めるのってどうなのでしょう。

だって、地域の子どもじゃないですか。

昔は自分だって子どもだったじゃないですか。
遊び方を注意した後に子ども達がなんと言うか

知っていますか?

 
「でも、遊ぶところがないんですよ・・・。」

「ボールで遊びたくてもどこで遊んでもダメと言われるんです・・・。」

 
この子たちの声に真剣に耳を傾けてくれる大人、

悪いことは悪いよと諭してくれる大人、

そういう大人が地域にたくさんいれば、

子ども達も遊ぶのに肩身が狭い思いをしないと

思うのです。
子どもは遊びを通して人間関係を学びます。

地域での関わりを通して、

社会での振る舞いを学びます。

それでも遊ぶ子どもが悪いのでしょうか。。。

 

読んでいただきありがとうございました。

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!をめざすみこりんの無料メールマガジンです。

読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。ぜひ読んでくださいね!

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけで登録できますよ♪

登録は、こちらをクリック♪