ビリーフリセット・カウンセリング講座アドバンスコース修了しました。〜自分を見つめ、他人を知る9ヶ月間No1〜【50代からのセカンドキャリア】35/100/12

3月から9ヶ月間続けてきた心の学び、ビリーフリセット・カウンセリング講座が終了しました。学びながら自分を見つめ続けた9ヶ月、多分以前の私とは変わったなと思います。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

3月から9ヶ月間続けてきた心の学び、

ビリーフリセット・カウンセリング講座が終了しました。

学びながら自分を見つめ続けた9ヶ月、

多分以前の私とは変わったなと思います。

改めて、感想と気づきをまとめました。

講座受講前の私

*カウンセリング、勉強するのもいいかも!

昨年の12月ごろだったと思います。

年度末(3月末)で退職を決めたものの、

まだ、これをやります!

というものがありませんでした。

本音を言うと、そう言うことを考えている間もないくらい、

教頭という職は激務でしたし、

最後の1年と決めていたので悔いのないように

仕事をしようと決めていましたから。

そんな中で立花岳志さんのコンサルタントを受け、

自分の経験を活かし、仕事をしていけるスキルとして、

カウンセリングを学んでみようと思うようになりました。

はい、始めはそんな単純な動機でした。

*自己肯定感は低いが決してそうは見えない私でした

私自身のことを少し書こうと思います。

当時、小学校の教頭職に就いていました。

学校を卒業して学校の先生になり、

約30年間、教員人生を送っていました。

仕事はそこそこできた方だと思います。

言ってみればオールマイティー、

全学年の担任経験、主な校務も経験し、

若手の育成も力を入れていました。

保護者とも上手く付き合えたし、

子どもともよく遊び喧嘩もしました。

普通の先生がやらないこともやり、

チャレンジングな先生でした。

色々問題もあったけれど、

概ね信頼をしていただいていました。

その一方で、自ら「越境教師」と名乗り、

校外に出て、様々な学びをしたり人と交流したり、

学校以外の場も大切にしていました。

だから、外部の評価は、

《しっかりしている人》

《頼りがいがある人》

《公私ともに充実させている人》

でした。

だけど、私だけは知っていました、

自己肯定感が低い自分のことを。

だから、よっぽど親しい人にしか、

心を開くことはなく、

いつも、自分のダメなところを見つけては、

やっぱり私はダメなやつと心で決めていました。

*独立してもなんとかなるの?

講座の初日は3月10日でした。

その頃には退職届も出し終え、

年度末の仕事を片付けながら、

4月から自由になる自分をワクワクしながら待っていました。

その時も、先の見通しは全くありませんでした。

今考えても、よく平気だったなあと思うくらい、

「なんとかなるんじゃない~」って

根拠なく思っていました。

現実の厳しさはその後知ることになるのですけどね。

講座受講中の私

その1:ベーシックコース

*カウンセリングの基礎を学ぶ

ベーシックコースは3月から7月までの約4ヶ月間。

全部で10日間の講座を受けました。

カウンセリングの講座ですから、

まずはカウンセリングとはなんぞや?

ということから始まりました。

カウンセリングの特徴とは、

・答えはその人の中にある

・共感して受容する

・プロセスに委ねる

ということ。

そして、クライアントさんが

その人自身の力でその人自身として輝けるように、

援助することがカウンセラーの役割である

ということでした。

一口に「カウンセリング」と言っても、

様々なアプローチからの研究や手法があります。

その系譜も教えていただきながら、

ビリーフリセット・カウンセリングは

何をするものなのかを学びました。

役割、全体的な流れ、そしてカウンセリングの実際の基礎を学び、

一方で自分自身もカウンセラーとして傾聴やビリーフをリセットするスキルを身につけるべく

ワークや練習もたくさんやりました。

教員として行ってきた相談ともコーチングとも違う

プロセスやアプローチを学ぶことはとても新鮮に感じました。

*ビリーフの構造について学ぶ

「「ビリーフ」とは、あなたの中に知らず知らずに「入って」いる思考パターン」

これがあることで、本来の自分を見る目を歪め、

不自由な思考の罠をかけるものです。

ビリーフは重層構造になっています。

根底にあるのが

「コアビリーフ」というもの。

これは否定的な自己定義や自分の世界観を作ります。

ビリーフには9種類あり、

複数を持っているパターンが多いようです。

(ビリーフリセット協会の無料診断では、自分がどんなビリーフを持っているのか診断していただけます。)

その上には、コーピングビリーフ」というものが

被さっています。

これはコアビリーフへの対策として、

その人が取りやすい行動パターンのことです。

そのようなビリーフの種類と構造、

そして、なぜそれらが作られていったのかという過程も学びました。

そのビリーフをリセットするワークをしながら、

ビリーフが作る不自由な世界観を実感することもありました。

私自身の自己肯定感の低さは、

自分自身の本来の価値とは全く関係ないと知ったのも驚きでした。

これは、幼い頃からの環境や親との関係の中で、

「自分がダメ」とプログラミングされてしまったもの

由来しているということでした。

だから、リセットすれば自己肯定感は上げることができるのかも、

そう期待しつつ学びを深めたものでした。

*自分について掘り下げる

学ぶだけでは、自分自身を変えることはできません。

ベーシックコースの特徴の1つは、

自分自身も自分探求をすることです。

なぜなら、カウンセラー自身が大丈夫な存在として、

クライアントさんに寄り添う必要があるからです。

だから、私も自分の内面に向き合う必要があります。

とはいえ、

ずっと自分を認められないのを隠し、

しっかりした人できた私には、それは結構高いハードルでした。

心の底に、蓋があるのはわかるけど、

近くまで行くことすらできなかった・・・。

そう思っていたある日、

「私はひとりぼっちだー」

と強く感じる場面がありました。

これがビリーフかもしれない・・・

そう思い、勇気を出してセッションを申し込みました。

両コースとも、

自分たちのスキルアップのための自主練が課題としてありますが、

師匠の大塚あやこさんと認定カウンセラーさんの

セッションを受けることも課題の1つです。

50年も平気な人として生きてきた私が、

初めてカウンセリングというものを受けることになりました。

そして、それらを通じて、

私の中にあるビリーフに出会い、

「本来の自分を生きたい!!」と強く願うようになりました。

 

やっと、自分の心の蓋をゆるめることができたのです。

ビリーフリセット・カウンセリングに対して、

加えて自分をさらに探求したいということへも、

興味が高まりアドバンスコースも受講することにしました。

この学びや体験を、他の人にも役立てることができれば・・・

そういう思いも生まれました。

No2に続きます

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

《お知らせ》

12月と1月のユメカキ講座です。

ご参加お待ちしています!!

☆夢を描く楽しさを一緒に体験しませんか?

先生のための「心のキャリア教育体験講座」 ~全国1000人の小・中学生が夢中になった!イラストコミュニケーションを体験しよう!~

日時:12月22日(土)13:30~15:30

会場:本所地域プラザビッグシップ

https://peatix.com/event/577030

☆新年の行動計画をユメカキキャンバスで!!

ユメカキ☆NOTE講座フルバージョンat麻布十番

日時:1月6日(日)12:30~17:00

会場:麻布十番駅付近のセミナールーム

https://peatix.com/event/577050/view

 

メルマガ「ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜」

なりたい自分になってハッピーに生きる!みこりんの無料メールマガジンです。

誰でもなりたい自分になれます!
読んだ人が元気になって、毎日を自分ハッピーで過ごせるような話題をお届けしています。

お名前とメールアドレスをご記入の上、完了を押すだけです♪ぜひご登録お願いします♪♪

登録は、こちらをクリック♪

 

この記事を書いた人

みこりん

みこりん