天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

学校開き〜怒濤の1週間〜

   

今週は始業式〜入学式。

年度始めの準備が2日間しかない中で迎えた1週間。

怒濤の日々でした。

年度始めはいつも時間との戦いです。

おそらくどの公立学校でもそうでしょう。

でも、その怒濤の日々の中で、

教師は学級の子ども達と向き合い、

1年間を共に学び、成長するための基盤を作ります。

 

Student girl sleeping between pile of books

 

勤務校は若い教師が担任を務めているため、

全て手探り状態で進めてきました。

教師も子ども達もお互いの様子を観察し、

微妙な距離を保ちつつ

学級での自分の活かし方を学んでいきます。

緊張していると気づかないけれど、

家に帰ったらぐったり〜の1週間だったと思います。
この間、

職員室は朝早くから夜遅くまで

電気が消えるときがありません。

教師達が頭をつき合わせ、

1日の予定を確認し、教材を選び、

お便りを作り、子ども達を迎える準備をします。

入学式も同じ週にあるため、

1年担任は入学式に備え、教室環境や式の流れ、

入学してからの学習計画など、

これもまた休む間もなく仕事をしていました。

IMG_8208
私自身、

対応することがあまりにも多すぎて、

恥ずかしながらその日暮らし状態で

仕事をしていました。

一番しんどいのは、

やっぱり人間関係です。

子ども、教師、保護者、地域関係者、

学校に関係するあらゆる人達と関わるため、

相手を不快にしないよう、

接し方や言葉のかけ方に超気を遣いました。

学校は、結局、人が最大のリソースです。

子ども達が安心して学び成長する場にするためには、

保護者や地域の協力体制も必要ですし、

教師の意欲と努力が実を結ぶよう、

後方支援も大切なのです。

IMG_8204
そんなこんなの怒濤の1週間。

学校の桜の花が唯一の癒しでした。

読んでいただきありがとうございました。

 - 教育