「幸せなお金持ちになるすごいお金。」by和田裕美〜私もお金持ちになるぞ・・・!〜《読書》

「幸せなお金持ちになるすごいお金。」by和田裕美を読みました。再再読くらい、お金へのマインドを買えることは容易ではないけれど、今の自分の豊かさを振り返るきっかけにはなりました。

こんにちは

マナビツナグヒトのみこりんです。

「幸せなお金持ちになるすごいお金。」by和田裕美

を読みました。

再再読くらい、

お金へのマインドを買えることは容易ではないけれど、

今の自分の豊かさを振り返るきっかけにはなりました。

私はお金がない?

お仕事をしている時は、

お給料があったので、

お金が「ない」と思ったことはありませんでした。

でも、退職してからは自分で稼がなければ、

お金は入らず出て行くばかり。

銀行口座の残高がどんどん減って行くのに

かなり不安になってきたところです。

このままいったら、私はお金がなくなるかも・・・。

私はお金がある?

お金がない人に共通しているのが、

お金に対する不安ネガティブな思い込みがあるということ。

「お金がない」→お金がこない人

「お金がある」→お金がくる人

こういうことです。

だから、お金へのマインドを変えることと、

お金への不安をなくすこと。

これがお金持ちになるために必要なんだそうです。

なので、まずはマインドを変えたいと思いました。

「私にはお金がある。」

「私はお金が大好き、お金が欲しい。」

そしてお金があったら欲しい物ややりたいことを妄想して、

その自分にワクワクする!!

3つのワークをやってみよう!

お金へのマインドを変えても

お金がない状況は変わらない・・・わけです。

そこで著者が考えたワークがあります。

私はこれをやってみようと決めました。

その1:幸せに値段をつける

値段がないものにも値段をつけて、

その価値を持っていることを実感するワークです。

例えば、

うさうさ と一緒に遊ぶ時間、これは3万円くらい。

それに私は、毎日自分が好きなように時間を使って過ごしています。

これだけで、毎日100万円くらいかな?

あらら、これだけで自分の幸せ感じちゃいます。

その2:貧しい行動をしない

本書に書いてある、

お弁当を買うときの例えがわかりやすい。

節約と言いつつ、安いお弁当を選んでいないか?

いつも400円のお弁当を食べているとしたら、

たまには3000円くらいのお弁当買ってみる。

そして、それを味わう気分に値段をつけるのだそう、

それが10000円くらいに感じられたら、

7000円得したということになると・・・。

高いからできない、、、ではなく、

自分が欲しい、したい、という方を選び、

その幸せを十分に味わうということです。

その3:自分の付加価値を見つける

自分の付加価値、自分ではわかりづらいけど、

自分の特技持っているもので、

人の役に立ちそうなもの。

それを見つけて育てることが

お金の流れを引き寄せるのだそうです。

せっかく持っている

役に立つ種を自分のものだけにしまいこまず、

それを育てて人のために使えると

いいんだなと思いました。

まずは、今を楽しむこと

本を読んでみて、

私の今はとても幸せで満ち足りていると

思えました。

だから、その幸せを実感しつつ

ワークをやっていこうかなと思います。

今できることを楽しみながら付加価値を育てていけば、

なんか幸せなお金持ちになれるんじゃないかなって

ワクワクしました。

レゾナンスファシリテーターになる 多分今年中には

この本は、レゾナンスファシリテーターになるために、

講座の練習をした時に読みました。

レゾナンスリーディング

やっぱり役に立つ読書法だと思います。

だからこれを広めるために

ファシリテーターになることと、

読書のよさを発信していくことをめざします。

まとめ

お金のビリーフは本当に根深いなと

不安にかられてしまいがちです。

だから、この本を読んだことを生かして

マインドと行動を変えつつ、前に進んで行きたいです。

読んでくださりありがとうございました。