天才のたまご

【自分の宝を呼び覚まそう】1日は学びの積み重ね。日々の学びを通じて、自分の中の可能性を呼び覚ましましょう♬

毒も薬のうち?〜痛い言葉に刺激される〜

   

おはようございます。

マナビツナグヒトのみこりんです。

「本気で向き合わなければ何も生まれない」

「惰眠を貪る豚ではいけない」

「金がすべてだ」

「結果が出ない努力に意味はない」

痛い痛い言葉です。

読むほどに、身体の中がヒリヒリします。

でも読まずにはいられない、

圧倒的な迫力がこの方の文章にはあるのです。

この方とは、見城徹さん。

幻灯舎代表取締役社長さんです。

上の言葉は、

「たった1人の熱狂〜仕事と人生に効く51の言葉〜」
by見城徹(双葉社)

からの抜粋です。
彼にとっての「たった1人の熱狂」とは、

《自分の感覚や感動の源泉を信じ、たった1人でも自分が信じた道を行く。

人の100倍も不安に怯え、困難に耐えながら、苦痛を糧として仕事をする。》

ことだそうです(P71より)。

見城さんの本を読むと、

ギリギリまで自らを追いつめ、崖っぷちから飛びおりる

なんかそんな印象を受けてしまいます。

img_5353

へたれている時やまいっかとごまかしたい時、

読むと

「弱音を吐くな、甘ったれるな」

と叱られている気分になります。

でも、読んじゃう。

ちょっとM気をそそるのかな???
今回は「熱狂」と言う言葉が

とても自分に突き刺さっています。

もう1つは、

「圧倒的」と言う言葉。

今の自分とめざす自分を比べて悲観的になるときがあるのですが、

「熱狂」も「圧倒的」が、もし私にあれば、

きっとそんなことはないんだろうな。

そう思っているみたいです(自分分析)。

非常に痛くて、のどにひっかかるのですが、

こういう本もたまには必要です。

「異物を飲み込め」とも書いてあります。

進化するには、

違うものを取り込むことも必要なのです。

そして、ぬるま湯から引っ張りだしてくれる、

強い腕も必要なのです。

img_3527
ということで、

たまには「痛い痛い本」に出会うのも

よい経験ですよ。

私も天才のたまごのはずなので、

もうちょっと見城氏と対峙しようと思います。
読んでくださりありがとうございました。

 - リーディング